SSL対応(HTTPS化)をすべきである本当の理由とメリット

こんにちは。
おぎそです。

今回は真面目にWEBの話シリーズです。
今回のテーマはSSL対応に関して。

じわりじわりとSSLの波が来ています。
先日も下記の記事があがっておりました。

 

通信が安全ではないことを示す警告をすべての非HTTPSページにGoogle Chromeが常に表示。2018年7月リリースのバージョン68から https://www.suzukikenichi.com/blog/chrome-will-mark-all-http-sites-as-not-secure-in-july-2018/海外SEO情報ブログ
引用:

 

 

おそらくですが、SSLの事はよくわからないけど、最近よく聞くしとりあえず対応しないとまずいんじゃ・・・と思っている人もいるかと思います。またネット上には、新しいものから古いものまで情報が入り乱れているので何が正しいのか迷っている人も多いのではないかと思います。

今日はそんなSSLのことを、初心者でもわかるようにできるだけ優しくまとめます。
ぜひ参考にしてください。特に最後に大事な事書いてます。

 

目次

SSL対応って?HTTPS化のこと

まずはそもそもSSL対応ってなんぞや、という段階の方。URLに下記がついているサイトを最近見かけませんか?そのサイトはいわゆるSSL対応済みサイトとなり、HTTPS化されているサイトになります。

SSL対応、つまりHTTPS化とは簡単にいうと、セキュリティの強化です。そしてサイト運営者向けではなく、利用ユーザーに向けてのセキュリティ強化の事です。なので、ページの改ざんなどをされるわけではなく、極論やろうがやらまいが貴社にとっては実害はあまりないです。

ちなみに特定ページだけをSSL対応するものから、サイト全体をHTTPS化する常時SSL化がありますが、今回の記事は常時SSL化を前提に書いています。

 

SSL対応のメリット

SSL対応をGoogleがこれだけゴリ押してくるんですから、メリットも当然あります。自分が考えるメリットとしては下記の4つがメインになります。

 

・セキュリティの強化
→盗聴やパケット改竄の防止、なりすましの防止など、セキュリティの強化に繋がります。
参考:http://growthseed.jp/experts/seo/ssl-merit

 

・信頼性の向上
「保護された通信」の表記により、ユーザーが安心してサイトを利用できます。特に個人情報を扱うサイトにこの表記があると安心ですよね。

 

・アクセス解析でのリファラーの精度向上
現在Googleアナリティクス上では、https→httpサイトへのリファラー(他サイトからの流入)は確認できない仕様になっております。ssl対応によりそちらの確認が可能になるため、分析精度が向上します。どういうことかというと、分析ツールではセキュリティ強いサイト(SSL対応済みサイト)からのリンクでセキュリティが弱いサイト(SSL未対応サイト)への流入データがうまくとれないんですね。この辺りは少し上級者向けなんで、さらっと流してもらっても良いです。

 

・SEOに有利
かなり前ですが、Googleの検索エンジンのランキング決定要素においてSSL対応が追加されました。参考:https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html
2014年の記事なのですが、それだけ昔から言及はされていたんですね。それがようやく世の中的にも認知され始めてきたと。

 

なぜGoogleはSSL対応を推進するのか

正直ここが、一番伝えたかったところなのですが、どうしてGoogleがここまでSSL対応を推進するのかですが

 

Google は、Google のサービスだけにとどまらず、より広い範囲でインターネットを安全に利用できるように取り組んでいます。そこで大きな割合を占めているのは、ユーザーが Google から安全なサイトにアクセスできるようにすることです。Google ウェブマスター向け公式ブログ

 

これにつきます。
それに加えてGoogleが掲げている10の事実の一つ

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。 Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。Google が掲げる 10 の事実
引用:

 

これなんです。Googleがユーザーの事を考えて仕事をしている以上、ユーザーの事を考えてサイトの運用をしている人が優遇されて行くのは当然の事ですし、ユーザーにとってもそれは良い事です。

SSL対応をした方がいいとGoogleが言っているが、やるべきなのか?結論やった方がいいに決まっています。ただし、それには費用と作業がかかるのでそこはプロに相談しましょう。

今回はSSL対応の事を書きましたが、今流行りのAMPやWPAとかも同様にユーザーにとってどうなのか?という視点で考えるとやるべき理由が見えてくるかと思います。ぜひWEB運用の役に立てていただけたらと思います。

今回は以上。

小木曽