「伝わる・揺さぶる!文章を書く」しっかりと読まれる文章を作るために

こんにちは。
ブログをリニューアルしました。

これからも読みやすいブログにしていけるように頑張りますので
よろしくお願いします!

今日はしっかりと読まれる文章のことを書きます。
ちょうど山田ズーニーさんの
「伝わる・揺さぶる!文章を書く」という本を読んだので
アウトプットしたいと思います。

 

 

 

目次

文章のゴールを考える

まず大事なこととして、その文章は誰に読まれ、どうなることを目的とするかを考えなければいけません。文章の善し悪しはゴールによって変わります。まずはゴールを明確にすること。そしてゴールから逆算することが必要です。

ちなみに本記事は、成果の出る文章を書きたい人へ、必要な要素を端的にまとめることで短時間で本質を学ぶことを目的とします。

 

文章の7つの要件

善い分取を書くためのポイントは読み手を動かすこと。読み手を動かすことができれば、なんらかの形で状況が動き、結果は生まれます。人を揺さぶる文章を心がけましょう。

なお、きちんと機能する文章を書くために必要な物として、山田ズーニーさんは下記の7つを上げています。

1.意見
2.望む結果
3.論点
4.読み手
5.自分の立場
6.論拠
7.根本思想


1.意見

自分が一番言いたいことは何か?頭を動かして考えたことを明確に打ち出す。
意見が文章の核となるため、言いたいことがなければ文章は成立しない。


2.望む結果
誰がどうなることを目指すのか。先ほどのゴールを明確にする、という内容。
自分の書く物で人々に歓びを与えられるだろうかを考える必要がある。この文章で何か価値を生み出すかを考える。


3.論点
あなたの問題意識はどこに向いているか?自身と読み手の双方の問題意識がずれていないこと。
論点とは問いのことである。そして問いに対する自分の意見は何か、考える。


4.読み手
読み手はどんな人か?誰に向けて書いた文章なのか。自分が書いた物が読み手の興味を惹く物であるか。なぜ読み手はあなたの文章を読み、読み手にとって意味がある文章であるか。そして内容は読み手に最適な物であるか。相手から見たときに自分との距離、関係性を意識する。他社の感覚を知るために、私がどう思うか?社会がどう思うか?私と社会がどう関わるかを?を考える。

5.自分の立場
相手から見て自分はどんな人間だと思われているか?信頼されていれば効力は大きいし、不信感があるのであれば効力は小さい。結果を出す文章を書くためには自身の影響力を高め続ければならない。もし、相手との信頼感が足りないのであれば、自己紹介文を書く等の工夫が必要である。


6.論拠
相手が納得する根拠があるかどうか。自分の主張の正当性が、筋道立てて書かれており、納得できるものであること。説得のためにいかに視野を広げるかが重要。


7.根本思想
あなたの根本にある思想は何か。自分の想いや生き方に嘘のない文章を書くこと。
そして、自分の想いはようやくという手段でつかむことができる。極端に短く言うことで、本当に大切な物がわかる。想いに忠実でなければ説得力のある文章はかけない。

以上が与異文章を書くための7つの要件です。

文章の基本構成

 

7つの要件のうち、実際に文章を書く上で重要となるのが

1.論点
2.論拠
3.意見

の3つです。
つまり取り上げた問題とその理由、そしてその根拠を意識して文章を作って行く必要があります。

本書には7つの要件や上記の3つを踏まえた事例なども載っていおり
とても参考になるのでぜひ読んでみてください。

 

個人的にもっとも重要だと思ったことは、文章には必ず相手がいるということです。
相手がいるから、文章を書く意味があるのであって、その相手をどうしたいかによって、文章のゴールが変化するということ。そしてその相手が多ければ多いほど、動かせたときに影響力が大きく、自分の信頼性に繋がっていきます。

 

自分もそろそろブログを初めて一ヶ月半になるので
文章の質をあげたり、ブログのテーマを絞ったりと
メンテナンスが必要な時期だと思っています。
漠然と世の中の誰かのためと思って毎日書いていますが
結局誰のためにもなっていないのではないかと。

 

とにかく書くのも大事ですが
それだけでは文章は上達しないなと感じている今日この頃です。

とはいえ、まだまだ走りながら考えます。
もっともっと世の中の人々の役に立てるように
引き続き頑張って更新していきますので、よろしくお願いします。

今回は以上。

 

 

 

 

小木曽