最強の自己分析はRPGの進め方から

 

 

こんばんは。
ぎっそです。

 

最近#Meeeラボという
オンラインサロンに入会しました。
運営者はやぎぺーさんという方で、
元々ツイッターでフォローしていて気になっていたこともあり
思わず入会。

 

テーマとなる内容は”自己理解”。
自分のことを正しく理解した上で、
自分の適正に合った生き方をする。

 

加えて、自分と関わる人の適正を
見極めてあげることができれば
たくさんの人を幸せにできるんじゃないかと思ってます。

 

特に、会社の部下や家族には
しっかりとアドバイスしてあげられるようになりたいので
たくさん吸収していきます。

 

 

そんな勝手に自己理解ブーム到来ののタイミングなんで
昔書いた自己分析の記事をリライトして
増量版でお送りします。

 

ちなみに内容は完全に持論ですが
そこそこ間違ってないとは思います。

 

特に自己分析に悩んでいる就活生なんかも
読み物として読んでいただけたら幸いです。

 

それでは、どうぞ。

 

 

目次

RPGの進め方に見る自分の性格

少し前から提唱しております
RPGのやり方性格が露骨にでる説が徐々に広がってきております。
勝手に広がってきていると解釈しております。

 

知らない人はいないとは思いますが
念のためどんな説かを説明しますと、
RPGの進め方や攻略の仕方が
まさにその人の性格を表しているというものです。
僕が勝手に提唱してます。

 

RPGってのは主人公がLv1からスタートして、
敵を倒すたびに成長(レベルアップ)していきます。
そして最後は世界を救うという流れになるのですが
まさに人生の縮図になっているんですね。

 

人生においても何度も何度も壁にぶつかり、
その度に壁を乗り越えて
強くなっていきます。
そして自分が達成したい目標へと
向かって行くんです。

 

もっと身近なところで言えば
仕事も同じです。

 

たくさんの仕事を経験していくうちに
レベルが上がっていき
自分が達成したい目標へと向かっていきます。

 

 

 

 

ちなみに”ロールプレイング”の日本語の意味は
”役割演技”なので
まさにその通りといったイメージです。

 

自分をそのキャラクターに憑依させて
演じてもらう。
自分の意思に沿った行動を取りながら
目的に向かって進んでいく。

 

 

つまりは人生や仕事と同じです。
そこにどれだけ責任があるか、
どんな演出があるのかくらいの違いです。

 

 

なので、
RPGでの自分の性格を振り返ると
めっちゃ精度の高い自己分析ができるんです。

 

実際に性格を自己分析してみた

例えば、自分はRPGをやる時に、
めちゃくちゃレベルをあげてからボス戦に挑みます。
事前準備が半端じゃないんですね。

 

明らかにボス戦やシナリオよりも、
レベル上げに使う時間の方が多くなります。
そしてボス戦はあっという間に買ってしまうという流れです。

 

あとはアイテムもなかなか使わないです。
できるだけ大事に取っておきます。

 

以前、下記の記事を読んだことがあるのですが、自分は使えない人間です。
http://blog.tinect.jp/?p=45903

 

ただし、仮にアイテムを使うとすれば、
めっちゃレベル上げに時間使ったけれど、
戦闘前にセーブをし忘れていて
負けたら全てがパーになる可能性があるときですかね。
貴重な時間をたくさん割いたこれまでの努力を
絶対に無駄にしたくないのでアイテム使っちゃいます。

 

あとは、自分はできるだけ人が使わないキャラを使う傾向があります。
人と同じがいやというか、
人気がないキャラを大事にしてあげたくなってしまいます。

 

この内容がリアルの世界に置き換えます。
まずは自分、めっちゃ心配性なんで
商談とかも結構な事前準備します。

 

これで大丈夫だと
自信を持って言えるところまで自分のレベル上げを行います。
そして商談に望みます。

 

アイテムを使わないというのも、
できるだけ自分の素の力で戦って勝つことを意識してますね。
楽をすることもできますが
もしもの時に備えて温存します。

 

また、時間をかければかけるほど
これまでの努力を無駄にしたいくないので、
なんとしてでも成果に繋げようと頑張ります。
努力したからには無駄にしないために
ありとあらゆる手段を使います。

 

そして、”人気のないキャラを大事に”とありますが、
伸び悩んでいる人間や、
弱い人間の方をバックアップしたくなる傾向があります。
放って置けないタイプです。

 

自分の強みを把握する

 

以上のことから自分の強みは

・物事に対してきっちり事前準備ができる
・自分のレベル上げの時間を厭わない
・でも時間は無駄にしたくないから成果にはこだわる
・弱いものの味方ができる

 

逆に弱みは

・納得するまで戦闘に入らないから初動が遅い
・サンクコストめっちゃ気にする
・小賢しいテクニックが使えない

 

みたいな感じですかね。自分でいうのはすごく恥ずかしいですが。
だいたいそういうタイプの人間のような気はします。

 

そしてこの自己分析、
先日やったストレングスファインダーの結果にも結構似てます。

 

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

 

 

自分の結果は

・公平性
・調和性
・個別化
・達成欲
・運命思考

 

でした。だいたい当たってますね。
やっぱりRPGを使った自己分析は有効です。

 

おわりに

ということで
なかなか精度高いです。RPG自己分析。

 

ちなみに自己分析のいいところは、
自分の傾向を知って対策を打てることだと思います。

 

自分の場合はレベル上げばっかりに時間を使って
実践が少なかったりとか
完璧主義すぎて微妙だったりとかっていう性格があるので
どんどんレベル上げながら
次へ進んでいくことを意識しています。完璧よりもスピードです。

 

また、投資や資産運用も性格がでるって言いますよね。
失敗しないためにも
自分の性格の特徴として悪い部分を知っておくべきです。

 

彼を知り己を知れば百戦殆うからずという言葉がありますが
意外に己を知らない人も多いかと思いので、
自己分析はしっかりやりましょう。

 

今回は以上

 

小木曽