人はなぜシェアするのか 時代の潮流を捉える

こんにちは。
ブログ連投おぎそです。

私くらいになってくるとリボルバーの様にブログの弾を仕込んでいるので
描こうと思えばあっという間に9回裏までいけちゃいますよ。

 

そうですね、意味不明です。

 

先ほどふと、人がシェアをする心理を調べたいと思い
調べてみました。

 

そしたら下記の記事を見つけました。
イノーバさんの記事です。
オウンドメディアとかコンテンツマーケティングで有名ですね。

 

https://innova-jp.com/why-people-share/

 

目次を抜粋します。

人はなぜシェアしたくなるのか?
・他人に教えたい
・自分を表現したい
・友人との関係性を維持したい

シェアされるコンテンツの特徴
・自分が特別であると感じさせる
・感情に訴える
・有益である
・人の目に触れる
・鍵刺激により思いださせる
・ストーリーがある

 

なるほどちゃんです。

まずなぜ人はシェアしたくなるのかに関して。
個人的にはですが、シェアすることで世の中と繋がりを持ちたいって人が
増えている様な気がします。

この記事ちょっと古いんですよね。
当時と今で少しシェアの目的や意味が違ってきている気がします。
今はもっと広くコミュニティー単位で、シェアする意義が出てきてるんですよ。

 

当時はインスタ映えなんて言葉はなかったですし
今ほどシェアするということへのハードルも高かった。

 

逆に今はシェアすることが当たり前になってきているので
逆にシェアをしないと世の中から取り残されてしまう。

 

大人はともかく学生はそうなんじゃないかと。
特に女の子。

 

そしてそのシェアの内容によって、自分がどう思われるかを考えてシェアするだろうし
多分シェアする内容も人間関係とかに関係してくるんじゃないかと思います。

 

例えば、生意気なシェアをしていじめにあったりとか陰口を言われる人もいるだろうし
可愛いと思わなくても付き合いでシェアしたりとか
するんじゃないかと。

 

自分の若い頃でいうとプリ帳とかそういうのが若干近い感じがします。

 

それを考えると企業はブランディングの一環で、
その写真を撮ってシェアすることでそのシェアした人に付与される属性を加味した
シナリオやコンセプト作りが必要になります。

 

シェアされるところまでを踏まえて、足を運んだり購入したりしたくなる様な
全体の戦略を作りましょう。

 

シェアされる、ゆえに我あり

 

下記の本に書いてあって非常に刺さりました。笑
https://dentsu-ho.com/articles/5784

 

ブランド体験のなかで、
今の若者にとってのSNSの役割や目的をしっかりと捉えて
組み込んでいく。

以前ブランディングの話でもした様に
適切なメディアの戦略やコンテキストが重要ですね。

企業のブランディング戦略とコンテキスト

 

さあみんな、シェアしてね!←

 

 

今回は以上。