WEBの分析から改善の流れがナンパに役立つ話

こんにちは。

 

突然ですが、
私って、大体のものごとの本質は同じだと主張したい、
大体同じ芸人、壁に耳あり障子にニアリー小木曽じゃないですか?

 

なので今日はWEBの分析とナンパを絡めて話します。

 

この記事は熱いですよ。
WEB分析の流れを知りたい人も
ナンパのこともしりたい人も
読んだ方がいい設計になってます。

 

まずはWEBの分析から改善のことを書きましょうか。

 

①目的の確認
まずはじめにWEBサイトの目的に関して、
しっかり頭を揃えましょう。

 

②新規集客目的なのか、採用として活用するのか、
それともIR情報の発信のためなのか
目的によってWEBサイトの目的は変わってきます。

 

③理想の状態をイメージ
0ベースで理想の状態をイメージすることも重要です。
いきなりデジタルから考えると視野が狭くなるので
まずは理想の未来の姿とユーザーの感じて欲しいことから始めましょう。

 

④ターゲットの確認
簡易的なペルソナは作りましょう。
そしてそのターゲットがどういったステップを経て
行動を行っていくのかシナリオを作った上で
コンテンツを構築していきましょう。

 

⑤目標設計
何をどれだけ伸ばしたいのかを明確にする必要があります。
大事なのは具体的な数値と期限を入れること。
それによって具体的な施策が変わってきます。

 

⑥現状の分析
そして理想とのギャップを埋めていきます。
どこが足りていないかを細かく分析し、インパクトの大きい箇所から手をつけましょう。

 

⑦施策を立てる
そしてその目標を達成するために施策を設計します。
あとは行動するだけです。

※重要ポイント
Kpiの設計はしっかりしましょう。
でないと行動結果のFBができません。

 

 

ざっとこんな流れです。

 

これをナンパにたとえましょう。

 

目的:
もちろん女の子をゲットすることである。

 

理想:
可愛い子をげとすることである

 

ターゲット:
可愛い子である

 

目標:
今日中に可愛い子をゲットすることである

 

現状:
可愛い子がいない状態である

 

施策:
可愛い子に声をかけまくることである

 

 

 

 

最後に重要なKpi:

 

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

 

イケメンならコンバージョン率50%程度ですが
自分のスペックでは何人アタックしてもコンバージョンするのは数%程度なので
50人はアタックする必要があります。

よかった。ここでしっかりとKpiを策定しておいたから
はじめから50人アタックが目標にできたぞ。
そうなるわけですね。

 

しっかりと計算してなかったら10人くらいのところで心が折れていた。危なかったぜ。
そう、俺は50人の男だ、頑張るぞ、俺は本気だ。
成功したら最高の未来が待っている。
コツコツ頑張るぞ。結果はすぐに出ない。

 

CV=セッション数×CVRなので
CVRがないんだからセッションをあげるしかない。
まさにセッションを増やすんです。

 

まずはコツコツ頑張って成果につなげると。

 

あらかじめ理解してれば心も折れにくくなりますし、
成功の目安が分かるので、良いです。
みなさんナンパでも仕事でもしっかり目標設定しましょうね。

 

ちなみに私はナンパしたことないです。
机上の空論ばんざい。
世界中の机上に俺の空論で埋めてやる。

 

 

今回は以上

 

小木曽