社会人は学生よりも勉強効率が重要だということ

 

日々忙しい毎日を送っている現代人がもっとも不足しているもの
それは時間です。

 

一週間に5日も働いているのに自由な日が2日しかない日本では
限られた時間をどれだけ充実させるかを考える必要があります。

 

その中でも勉強の時間はなかなか取りにくく、
平日の夜は疲れてそれどころではなく、
通勤時間もついつい寝てしまう。

 

また、休日はしっかりと休息を取り、
家族との時間を楽しむことでしょう。

 

果たしてどこに勉強をする時間があるのか。
ただでさえ少ない勉強時間なので
少しでも効率的に勉強をしたいです。

 

自分も効率的な勉強が永遠の課題で、
どの時間になんの勉強をすればもっとも頭に入ってくるかなど
考えてしまいます。

 

なので今日は色々と勉強に関する記事を見つけてきました。
効率的な勉強について考えて見ます。

 

主な参考サイトは下記の二つ

 

夜寝る前1時間は勉強のゴールデンタイム! 睡眠のメカニズムを学習に生かす3つのコツ
http://studyhacker.net/columns/study-koukaup

勉強に使わないなんて損! 東大生が『夜寝る前の30分』を英単語学習にあてて感じた、驚きの効果。
http://studyhacker.net/columns/nerumae-halfhour

 

とりあえず暗記には寝る前が大事なのは有名ですね。
確かに朝やったことも夜には忘れてしまうので
単純な記憶の定着には寝る前が適している気がします。
効率的に暗記を行うことが重要です。

 

そして下記の記事におそらくもっとも大事なことが書いてありました。

 

勉強効率を大幅にアップさせる3つの方法
http://the5seconds.com/study-style-1802.html

 

大切なのは自分が勉強に向いている時間帯を把握すること。
人間誰しも一日は二十四時間なのです。
他の時間帯でうまくやればいい。
勉強に対して、それが自分の特性とフィットしたやり方かどうかに、
私たちは無頓着すぎると思います。

 

つまり自分の体質次第です。
まあ、そりゃそうなのですが。
わたくし個人的には午後一が最高に相性が悪く、
睡魔が強すぎて全く勉強になりません。

 

自分のことを理解するところが大事ですね。

 

中学生高校生の学生時代には、
一般的にこうすると良い、とされる言葉を信じて
国語の成績をあげるために本を読まされたり、
意味のない勉強方法を教えられたりします。
そして真面目な子供ほどその通りにやって、
非効率な勉強をしてしまいます。

 

とはいえ、さすがに大人になったら自分で考えて、
自分のやり方で効率よく勉強するようになるでしょう。
色々模索もしますが、まずは自分を理解するところから始める必要があります。

 

その中で、強いて言えばこういう勉強はこういう時間が良いと言った、
セオリーが乗っかってくる感じですね。

 

そして、自分の特性と一般的なセオリーがはまると一番最強です。
やっぱり寝る前がゴールデンタイミングとなるケースが多いので
夜型勉強の人は最強ですね。自分は朝方なんで羨ましいです。

また、休日に勉強をするときは1日を3ブロック程度に分けて考えると
メリハリをつけやすいです。

朝、午後、夜のどこで勉強してどこで息抜きするのを
改めて決めておくことで、メリハリをつけて勉強が可能です。

個人的におすすめな勉強の仕方ですし、
勉強以外にも仕事なんかも効率的にできるので良いです。
ぜひ使って見てください。

生涯勉強!でいたいですね。
一生で学べることは限られているので
しっかり効率的に勉強していきましょう。

 

ということで、先ほどのリンクの参考サイトも
下にまとめてみましたので参考にしてください。

 

PRESIDENT Online|「寝る前1時間」は勉強のゴールデンアワー
DIAMOND online|寝る前にどんな勉強をすればいいのか
日経ビジネスオンライン|睡眠を削る人は出世できない?
甲南大学|知っていますか?「勉強に効果てきめんな睡眠」の手に入れ方|第1回「睡眠と記憶について/基本的な睡眠とは」
甲南大学|知っていますか?「勉強に効果てきめんな睡眠」の手に入れ方|第3回「夜の過ごし方を変えて、良質の睡眠を手に入れる!」
STUDY HACKER|勉強に使わないなんて損! 東大生が『夜寝る前の30分』を英単語学習にあてて感じた、驚きの効果。

 

生涯学習していきたいですね。

今回は以上

 

 

小木曽