大人になって読んだ100万回生きた猫

こんにちは。
おぎそです。

大人になって読んだシリーズです。
100万回生きた猫を読みました。

ネタバレ注意です。

 

 

 

 

 

 

かなり有名な本なので、おそらく多くの人が一度は読んだことがあると思います。念のためあらすじの振り返りから。

 

 

内容としては

 

主人公の猫は、ある時は一国の王の猫となり、ある時は船乗りの猫となり、その他、サーカスの手品つかいの猫、どろぼうの猫、ひとりぼっちのお婆さんの猫、小さな女の子の猫…と100万回生まれかわっては、様々な飼い主のもとで死んでゆく。その時、100万人の飼い主は猫の死にひどく悲しんでいたが、当の猫はまったく悲しまなかった。主人公の猫は、飼い主のことが大嫌いだったのだ。

ある時、主人公の猫は誰の猫でもない野良猫となっていた。「自分だけの事が好き」な主人公の猫は、100万回生きたことを自慢し、周囲のメス猫たちも何とか友達や恋人になろうと、プレゼントを持ってきたりして周囲に寄ってくる。 しかし、唯一自分に関心を示さなかった一匹の白猫の興味をなんとか引こうとするうちに、いつのまにか主人公の猫は、白猫と一緒にいたいと思うようになる。そして、白猫にプロポーズをするのであった。白猫は主人公の猫の思いを受け入れた。

そして時がたつと、白猫はたくさん子供を産み、年老いてゆき、やがて猫の隣で静かに動かなくなっていた。そこで猫は初めて悲しんだ。朝になっても昼になっても夕方になっても夜になっても、猫は100万回も泣き続け、ある日のお昼に猫は泣き止んだ。

そして猫も、とうとう白猫の隣で静かに動かなくなり、決して生き返ることはなかった。wikipedia

 

Wikipediaから引っ張ってきました。

 

この絵本のポイントは、なぜ最後に猫は生き返らなかったのか。という部分だと思います。

これまで猫は飼い主を嫌いだった。でも最後は一緒にいる相手(猫)が好きだった。事実として違う部分はそこだけです。

猫の気持ちとしては、
嫌いな飼い主と生きている人生なんて、取るに足らないいつ終わってもいい人生だったと思います。

好きな猫と生きている人生は、きっと永遠続いて欲しいと思っていたでしょう。

好きな猫がいなくなった主人公の猫は、また生き返っても意味がないと思ってしまったのかもしれません。また、大切なものを失う悲しみを知り、これまでの飼い主も同じ気持ちになっていたことに気づき、もう生き返るのはやめようと思ったのかもしれません。

個人的には、人生は長さではなく、質が大事であるということ伝えたいのではないかと思いました。いくら人生を100万回生きても、たった一度の、大切な相手と出会えた人生には敵いません。そして人生は一度だからこそ、大切な人と良い人生を送るべきと。有限だからこそ、価値があるものだと伝えたいのではないでしょうか。

 

おそらく、時が経てばまた感じるものが変わると思うので、本記事もアップデートしていこうと思います。

 

ぜひ皆さんも読んでみてください。

 

今回は以上

 

 

おぎそ