noteとWordPressの違いを集客の観点から考える。


こんにちは。小木曽です。


昨日、noteとWordpressの使い分けを機能的側面から紹介しましたが、今日はより踏み込んで”アクセスを集める”という観点で話をしていきます。専門的な話を噛み砕いて説明するので、特に使い分けに迷っている方は、昨日の記事と合わせて参考にしてください。

昨日の記事はこちら:noteとWordPressの比較-それぞれのメリットと使い分け


目次

WordPressとnoteの違い


WordPressとnoteの違いを簡単にまとめると、”noteにはSNS機能ががついていること”、”Wordpressには高いカスタマイズ性が備わっていること”が挙げられます。


noteではつながりを作ることが可能であり、WordpressはよりディープなSEOやデザイン性を持たせることができるので、各々に得意不得意があります。


そのため、書くことを通してコミュニティ形成をしていきたい人はnoteが最適ですし、個人としてビジネスをしたり、広告で稼いだり、視覚的効果を使って自己表現をしたい人はWordpressが合っていると思います。


どちらが良い悪いではなく目的と好みの違いなので、この辺りは実際使ってみて確かめてみてください。


アクセスを集めるという観点から見る違い



ここからアクセスを集めるという観点での話をします。まずは一般的な話になりますが、ブログへの集客の全体像は下記のようなイメージになるかと思います。

WordPress集客の全体像


ブログの集客は検索エンジンに限らず様々なチャネルを戦略的に考えていく必要があるのですが、最も安定的に集客ができるSEOの部分でいうと、正直なところそれほど差はないと思っています


厳密に言えばWordpressの方が良い点があるのですが、まずは書きたい!って人は気にするよりまずは書いた方がいいかと。(本気でSEOをやっていきたい人にはWordpressがおすすめです)


なぜWordpressとnoteを併用利用するのか


以上を踏まえて、私が2つのプラットフォームを併用して使っているのは、Wordpressとnoteの良さをフル活用して、それぞれが集めにくい層を補っていくためです。イメージ的には下図のような形です。

wordpressとnoteの相互補助


noteで集めた層を拾ってWordpressに送客したり、逆にWordpressで集めた層もnoteに送客していきます。SEOという観点では被る点もあるので、ある程度は重複していきますが、noteでしか取れない層とWordpressでしか取れない層は存在します。


例えば、読み物系のコンテンツはSEOが非常にやりづらいという特徴があります。そして、はてブでバズろうがSNSでバズろうが、それは一過性のものになってしまいますし、そんなことは滅多に起こりません。そうなってくると、読み物系の記事を読んでもらうにはそれなりのコミュニティ形成が必要になってきます。



より具体的にいうと、noteではハッシュタグやSNS機能があるので、検索をしない層もある程度集めることが可能です。全員が全員検索エンジンで検索するとは限らないため、そうではない層を拾っていくのにnoteを使っていきます。



そこでファンを増やすことができれば、普段Wordpressでは集められない固定ユーザーを獲得することが可能ですし、そのユーザーを、Wordpressに送客して行くことで相乗効果を効かせていくことができます。



広告収益を得るにしても何をするにしても、まずはアクセスを集めなければ始まらないので、より多面的な集客として考えると、やはりnoteとWordpressの平行利用がベストという結論に至ります。




利用ユーザーのシーンから見る使い分け


さらに深く考えた時に、noteのハッシュタグを辿ってくるのはどんな人々かという話になります。様々いるとは思いますが、間違いなく、”読み物を探している人”です。ビジネスだろうがライフハックだろうが日記コラムだろうが、noteで探している以上はテキスト情報を求めています。


一方で検索からの流入はそうとは限りません。読み物ではなく結論を知りたがっていたり、早く情報を得たいと思っている人も多いので、その時に余計な情報があるとストレスを感じることもあります。



だからこそ、noteは読み物系の情緒的コンテンツ、Wordpressは有益情報と呼ばれる機能的コンテンツを拡充していきます。

情緒的記事と機能的記事を使い分ける



このあたりの使い分けに関しては悩んでいたことがあって、コラム的な記事のタイトルや見出しがどうしてもSEO的に考えるとよくないことがある。でも、ゴリゴリに検索ワードを意識すると、違和感になる。でも誰の元へも届かない記事を書いても意味がない。そんなループがぐるぐると回っていました。


そこでnoteを使って更新をしていけば、何も気にせず好きに文章を書いていけるなという結論に至ったわけです。


WordPressとnoteを併用利用してみて感じること


最後に、Wordpressとnoteを併用利用してみて感じたことですが、使っている脳が違うなということ。わずかな差ではありますが、noteは右脳的、Wordpressは左脳的な感覚で更新をしています。


noteは思いっきり自分の考えを書いていく。Wordpressは情報をわかりやすく伝えるために、少し整理をしたり言葉を選んだりする。どちらも大切だと思っているので、とてもいい刺激になっています。


ぜひ、どちらを使おうか迷っている人は、どちらもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。また、よろしければnoteも覗いていってください。かなり意識して書き方も分けています。


小木曽のnoteはこちら


以上、私が考えるWordpressとnoteの集客面での使い分けでした。参考にしていただけたら幸いです。



今回は以上



小木曽

【合わせてどうぞ】

noteとWordPressの比較-それぞれのメリットと使い分け