努力は熱狂に勝てないのか?1ヶ月ガチで別アカを運用して体感したこと。


こんにちは。小木曽です。
先日、社内でのSNS大会についてとインフルエンサーにリツイートされる方法に関して下記記事にて紹介しました。


これからTwitterを始める人に伝えたいインフルエンサーにリツイートされるコツ



ルールは下記。

「7人前後のチームを組み、新規アカウントを作成して1ヶ月運用。そのアカウントでもっともいいねを集めたチームが優勝」というもの。その他の制約として、自分のアカウントでリツイートやいいねは禁止。運用アカウントだけの素の力で戦うというもの

これからTwitterを始める人に伝えたいインフルエンサーにリツイートされるコツ



正直ね、割と楽に勝てると思っていたんですよ。この1年間真面目にTwitterやってきたからね。全チーム0フォロワースタートならそんなにいいねもつかないだろうし、素人がやってどうこうなるものでもないなと思っていたので。



でまあ、結論なんだけど負けそうなんだよね。どこかのチームが1200いいねを叩き出しました。なかなかしんどい。新規アカだからとかではなく、本アカでも1200いいねなんてつけたことがないので。



うちのアカウントも200とか150とかはつけてたし、60〜70いいねくらいはバンバン出していたから、まあこのまま行けば勝てるかなとは思っていたんだが、いきなり4桁が出てどうしようかと。オリンピックの100m走予選でいきなり8秒台出したくらい空気が読めない数字。



ちなみにどんな投稿が1200いいねを集めたのかと言うと、嵐らしいです。紅白の途中にテレビの嵐を写真撮って投稿→バズるの流れ。完全に油断していた。一番マークしていたコミケ勢が不発に終わっていたので、まあもう大丈夫だろうと思っていたらとんだダークホースが現れた。



今回の経験で学んだこととしては、努力やノウハウだけでは熱狂には勝てないということ。知ってはいたけど身を以て経験した。俺は割と正しいやり方で真面目にいいねを集めて行った。正直0から立ち上げて1ヶ月そこらで150とか200とか、フォロワーもいない状態でやるにはコツがいる。そこそこ頑張った方ではある。



それを一撃で抜き去るのが、熱狂の力。ファンです。1つ桁が違うエネルギーを産むのが熱狂。努力は熱狂に勝てないと言うのは本当なのだと悟った。まだ戦いは1日あるけど、正直なところ真面目に戦って抜き去る自信はない。



努力やノウハウよりも熱狂の方が圧倒的に強い理由として、個人的には2つ考えている。1つはエネルギー量。もう1つが伝染効果。



熱狂はエネルギーを産む。本能からやりたいと思ってるから、それこそ火事場の馬鹿力的な物が生まれると思う。エネルギー量が桁違いである。



そしてそのエネルギーは伝染する。同じ属性の人が隣が盛り上がっていたら、着火して化学反応を起こし、大爆発を起こす。努力で大爆発を起こすことは難しい。心からの熱狂からしか大爆発は生まれない。



今回のSNS大会の敗北は、それを身を以て知るきっかけとなった。言葉ではなんとなくわかっていたつもりだけど、そう簡単に努力だけで熱狂に勝つのは難しい。1200いいねって、熱狂の中ではきっと大した爆発ではないんだけど、それでも全然歯が立たなかった。



もちろん、努力×熱狂が最強だし、努力も桁違いにやればまた違うんだと思う。ただ今回のSNS大会でさすがに俺はそこまではできなかった笑



つまりは桁違いの努力か熱狂、この2つのどちらかをやっていかないと、突き抜けることはできない。



そんなことを学んだ会社のイベントでした。いい機会だった。機会は全て学びにして、行動を変えていく。それがポリシー。



今回は以上。



小木曽