自分を普通未満の人間だと思う人へ

[20181月23日投稿   2018年6月1日編集]

 

 

こんにちは。
おぎそです。

 

今日は「普通」ということに関して
記事を書こうと思います。

 

ただのコラムなので、
自分が普通だな、もしくは
普通以下だな と思っている人は
ぜひ読んでください。

 

 

目次

自分を普通の人間未満だと思っていた頃

 

突然ですが皆さんは自分を普通だと思いますか?
自分は自分を普通だと思うようになってきました。

 

いきなり訳のわからない話をしてすみません。

 

なってきましたというのは、
以前はそうではなかったわけで、
むしろ自分は普通未満だと思ってました。

 

 

もしくは他と違うと思っている時期もありました。
例えばですが、
私は大学生の途中まで公務員を目指していました。

 

理由としては、公務員であれば自分みたいな落ちこぼれでも
リストラに合わないだろうという、かなりネガティブな理由です。

 

きっと自分は何をやってもダメだから
一般企業に入ったら重大なミスを犯してリストラされる、
そう思っていました。

 

落ちこぼれな上に極度の心配性でした。

 

 

普通未満だったのでアルバイトをヤるだけでも必死

 

また、某牛丼屋さんでアルバイトとして働いていた時代もありました。

 

牛丼丼屋さんを選んだ理由としては、
飲食店の中でも最上級にシンプルなメニューであることと
時給が高かったことです。

 

その時は、しっかりとお店を回せるか、
引き継ぎができるかが心配だったので
前の日の授業中、ひたすらオペレーションのシュミレーションをしていました。

 

例えば、8時間程度の労働でやるべき仕事を全て洗い出し、
それにかかる所要時間と自分の動きべきスピードを計算して
確実に終わるための準備をするというものでした。

 

1つの仕込みが何秒だから、1つ1つの動きを何秒に抑えれば終わるはず、
そういうレベルでたかだか牛丼のことを考えていた時期もあります。

 

自分が落ちこぼれで、かつ心配性なので、
それだけやらないと気がすまなかったのです。

 

 

頑張ってもうまくいかない社会人生活

 

就活を始めると、
公務員ではなくベンチャーを志望するようになりました。

 

自分の力をつければ安定だし、こっちのが面白そう、
それにかっこいい。そう思ったのです。

 

そして人と違うことをしている自分は、
特別な存在だ。そう思うようになりました。

いわゆる意識高い系です。
意識高い系は大体同じ思考回路を持っています。

 

そして会社に入社しました。
ベンチャーというには大きすぎますが、
バリバリの営業会社です。

 

 

 

 

 

 

うまくいきませんでした。
全アポが取れない。俺はやっぱり普通以下の落ちこぼれでした。

 

研修期間は誰よりも早く最寄り駅に着き、
カフェでビジネス書を読んだり研修に備えたり、
帰りは飲みにも行かずに家でその日の振り返り、将来のために英語の勉強。

 

研修期間が終わって本格的にテレアポが始まった時は、
アポが取れないことに焦り、帰りにカラオケでテレアポの練習。

 

自分の声を録音するのがベターですが
自分はカラオケのマイクで自分の声を聴きながら練習しました。
話しながら自分の声を聞けるので半分の時間で大丈夫です。
なんて効率的なんだ。

 

それでも、アポが取れず。そして・・・

 

 

おぎそ、開き直る

 

会社を休みました。やはり自分は落ちこぼれだ。
別の仕事を探そう、そうだ、沖縄で仕事を探そう。

 

そんな感じで沖縄移住支援センターのHPを2時間見ていました。
驚くほど逆方向に前向きでした。

 

ただ、素晴らしい上司に恵まれていた私は
未だにあれを超える営業はみたことがないくらいの
スーパー営業を受けなんとか復帰。

 

そして見事、営業成績もぐんぐん伸ばし、、

 

 

 

 

と行けばよかったのですが人生そんなに甘くありません。
2年目の後半までは全く芽が出ませんでした。

 

 

それでも根気よく続けていました。
結果が出なくても勉強をしたり、
セミナーに参加したり、
自分で新しい資料を作ったり、
とにかくやり続けました。

 

点と点が繋がった瞬間

 

全然ダメな時期が1年半。
部署異動で今現在の部署へきてもうまくいかず。

 

そしてある日、大戸屋で当時の上司から一喝。

 

お前は将来どうなりたい。
じゃあお前がなりたい人間になれている人は世の中で何パーセントいるんだ。
お前は今同期の中で上位何パーセントに入れてるんだ。
今の状態じゃ話にならないだろう。

 

 

まさか夜22時に酒も入ってない新宿の大戸屋で
詰められるとは思っていませんでした。

 

ただ、確かにその通りだなと。
落ちこぼれなおれが普通以上に頑張るしかない、
そう思いました。

 

また翌朝、再度激詰めされました。

 

1時間。

 

 

もうどうにでもなれ、これでダメだったらダメだ!
そんなやけくそテンションで一旦2件の訪問がうまくいき、
自分の中で点と点が繋がった気がしました。
ジョブズの言ってたアレです。

 

今まで蓄えた知識が繋がり、
色々と本質が見えた瞬間、仕事が楽しくて仕方がなくなりました。

 

生まれ変わった気分でした。
これでおれは普通を超えた。そう思いました。

 

 

ただし、そんなに順風満帆に行くことはなく、
その後も苦戦は続きました。

 

とはいえ一度成功体験をしているので、
簡単には折れません。とにかく自己投資をしました。

 

余談ですが、新卒時代に投資セミナーなどにも参加していたのですが
自己資金がなさすぎてまずは自己投資で年収を上げようという結論に至りました。
金がないと何もできません。

 

 

「普通」は自分の中にあるもの

 

話を戻します。
だいぶすっ飛ばしますがそんな経緯があり今に至ります。
色々ありましたが、まあそんな感じで3年以上経ちました。
今では自分がマネージャーで、5人の部下がいます。落ちこぼれで普通じゃない自分がです。

 

結局は努力した結果、普通の人間になることができました。
じゃあ普通の人間ってなんだ?それはおそらく人によって基準が違います。
自分の今が普通ですし、自分の生き方が普通の生き方です。
それ以上でもそれ以下でもありません。
自分は普通なんで普通に頑張るしかないんです。

 

普通に生きないとダメだと思っている人とか、
他人の目を気にしてる人は、もっと楽に生きていいと思います。
ちなみに自分はまあまあ気にしますが。←おい
それが自分の普通です。その方が調子出ますし、そう割り切ってます。
仕方ないんです、自分の普通がそれなら。だから普通なりに頑張るんです。

 

ということで最近ようやく自分が普通だなと思うようになりました。
休みだって仕事のこと考えますし、できるだけ効率的な土日を過ごしたいです。

 

辛い時に見るリンク集や松岡修造をはじめとするお気に入りの動画もありますし、
ツイッターは友達よりも経営者やブロガーなどのやる気が出る人をフォローします。
マインドフルネスでも、自分にプラスになることはなんでもやります。
普通だから気持ちが折れている時間が勿体無いので徹底的にリカバーの仕組みを作ってます。
生きているだけで蘇るように。

 

自己投資も欠かしません。色々やって見ます。

 

そうやって、自分自分の普通を形成してきましたし、
普通のレベルを上げてきました。
それでよかったと思っています。

 

 

なので、普通ってなんだろう、
と思った人は自分の感覚に聞くのが一番です。
好きに生きましょう。

 

最後に自分が好きなホリエモンの言葉

 

 

 

何もない自分に小さな1を足していく。

 

 

 

 

自分はそうやってやってきました。
楽しくいきましょう。

 

今回は以上。

 

 

小木曽