『死ぬこと以外かすり傷』の感想

 

 

こんにちは。小木曽です。

 

今日は久しぶりに本を紹介したいと思います。
私が今もっとも崇拝している編集者である箕輪厚介さんの本です。

 

 

 

タイトルの通り、まさに箕輪さんの「死ぬこと以外かすり傷」というような破天荒な生き方を感じさせてくれる本なのですが、過激な中にも人間味や優しさが溢れる、暖かい本となっています。

 

私はこの本でとても勇気をもらいました。こんなにも自分を突き動かしてくれる本があるんだと、本気で思っています。

今回ははその中でも心に響いている言葉を中心に、考えたことを書いていこうと思います。

 

目次

死ぬこと以外かすり傷の著者 箕輪厚介のこと

はじめに、簡単に箕輪さんのことを紹介したいと思います。どういった経歴の人かがわかった方が、内容も入ってきやすいと思うので。

 

といっても、クラファンサイトからのからの引用です。

幻冬舎・編集者。
2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文/『空気を読んではいけない』青木真也 2015年7月に幻冬舎に入社。 東洋経済オンライン、アドタイでコラム。オンラインサロン運営、堀江貴文大学校で特任教授、株式会社エクソダス取締役、キャンプファイアチェアマンなど。

元々は普通のサラリーマンだった箕輪さんが、この1年で名乗りを上げるまでに経験したこと、考えたことが全てこの本に詰まっています。その中でも自分が響いた言葉を綴っていこうと思います。

 

 

編集者が最強だと感じる3つの理由

「才能のカクテル飲み放題」
「ストーリーを作れる」
「人の才能に対する嗅覚が磨ける」

 

本書の”はじめに”であげている、編集者が最強だと感じる3つの理由です。まさに箕輪さんは自身が書いた本の本質を誰よりも理解し、体現しています。そして本が売れない時代に、ストーリーをつくり、売っています。

 

そういう働き方ができるのが編集者であり、最強だとしている理由なんですよね。この話を聞いただけでも、編集者を志す人は増えるんじゃないかと思いました。

 

 

ブランドを稼げ、未来を稼げ

 

僕はサラリーマンの仕事を誰よりもこなしている

 

箕輪さんをあまり知らない人は意外に思うかもしれないですが、箕輪さんはサラリーマンの仕事を誰よりもこなしています。そして会社をいい意味で活用しています。会社で思いっきりフルスイングをして大損しても家族が路頭に迷うわ毛ではありません。ただ、成功したら自分の成功をアピールできる。

お金を稼ぐというより、幻冬舎ではブランドを稼いでいるイメージですかね。そして、全てのサラリーマンはそうしていくべきであって、自分のポートフォリオの組み方を考え続けなければいけないなと感じました。

 

ヒーローインタビューを想像せよ

 

伝説を伝えるまでが仕事である

 

ヒーローインタビューまで想像して仕事をすれば必然的に行動は変わります。生半可なことではできないから、実際の伝説を呼び起こす。イベントが成功したら、成功の裏に、どれだけ苦しいことがあったから面白おかしく書く。そうやって自分の名前を売っていく。

 

そうやって結果と伝説を同時に作っていくき、そこにブランドが生まれる。逆説的な考え方も必要だと感じました。

 

これから物を売る基準は「物語」になる

 

箕輪編集室で目の当たりにしたからわかりますが、、人は”物”自体というよりも、ストーリーを買うようになってきています。それが高額であればあるほど。タダでもいらないような大仏が一瞬で2万円で売れる。機能や価格だけを考えたら全くありえないことです。

でも、それが実際に起こっていいます。側からは宗教だなんだの言われますが、これからのものの売り方は全てそうなると思いました。どれだけ物語を作れるか。物語をさらけ出せるかが、これからの商売のやり方なんだと思いました。

 

 

昨日までできなかったことをできるようにする

一流のサッカー選手になるりたければ、誰よりもボールを蹴る以外に方法はないのだ。

 

人の何十倍も仕事をしろというけれど、1日は24時間しかありません。「昨日までできなかったことをできるようにする」ことの積み重ね。その実践を繰り返した先にプロフェッショナルがあります。

 

毎日昨日を超える。それだけを意識すれば生活も変わると思います。

 

量量量!

 

箕輪さんの圧倒的なところは、圧倒的な量をこなしているところです。なんとか乗り越えられる量だはなく、絶対に無理な量をこなす。そうすることで苦境を越えようとする防衛反応が芽生え、進化します。

 

1年間で100使えるエネルギーの、90を2ヶ月で使ってしまうイメージでやる。そこにインパクトが生まれる。精神論にはなってしまいますが、そういった気合いも重要だと感じました。

 

憑依レベルでブンセキせよ

相手が何を求めているのか、どんな本性なのかを相手が気づいていないところまで想像し、言語化することができれば、なんの実績もなくても信頼を勝ち取ることができる。

 

相手を自分に憑依させる。そこまで調べ上げ考え抜くことができれば、信頼を勝ち取ることができます。基本的に仕事は人と人がやるものなので、不可能なことはありません。編集の仕事以外にも共通することだと感じました。

 

他者への想像。相手を喜ばせたり楽しませたりすること。これらは持っておくととても強いスキルなので、自分も身につけていきます。

 

 

数字から逃げるな

自分が好きなことをやるために、自分が好きな本を作るために、わがままで自由でいるために数字と戦わなくてはいけない。

 

好きなことをやる。楽しいことをやって生きていく。そういう風潮ができてきてはいますが、やっぱり数字から逃げてはいけません。数字をやるから自由が手に入る。まさしくそうだと感じました。

 

結局遊んでるだけでもだめ、真面目でもダメ。結果を出さないと。強いものが正義。そして正しい心を持って強くなる。そして思いっきり遊ぶ。そういう生き方をしていこうと思いました。

 

努力は夢中に勝てない

僕は自分が夢中になれるかどうか、その心の動きを大切にする。

 

頑張ってやる仕事は没頭してやっている人に勝てない。本当にそうだと思います。自分も仕事で一番乗っているときは夢中になってやっているときです。そうでないときはそこそこの成果しか生まれません。

夢中になれるものを見つけるためには行動しかない。夢中になれるものなどただでさえ見つかりにくいものなので、とにかく数を増やしていくしかないと感じました。

 

全体を通して

 

私が箕輪編集室に入ったのは、2018年の3月なので、今月で5ヶ月になります。入った頃と今でも、変化しているなと感じています。小さなイベントの量も段違いだし、ますます楽しいオンラインサロンになっています。

 

箕輪さんを5ヶ月ウォッチしてきた上で、改めて本書を読むと、まさに箕輪さんそのものだなと思えます。まさに箕輪さんの生き様が書いてあるなと思いました。

 

そして、個人的にすごく良いと思ったのが、終わりにに書いてある感謝の言葉。本の制作に関わった人たちだけではなく、書店員の人たちにも感謝の気持ちを述べています。そこに箕輪さんの人間的な魅力が隠れています。

 

そして、この本を読んでいたら今すぐにでも仕事をしたくなりました。遊んでいる暇はない。手を動かし続けよう。努力は夢中には勝てない。今感じている感覚が全く正しいと思っているからこそ、やろうと思える。そういう勇気をもらえた本です。

 

現状が抱えている大きな矛盾をぶち壊すべく、どんどん動こう。心からそう思ったので、今日から行動を変えます。

 

人生は長いロールプレイングゲームに過ぎないと本書にも書いてありましたが、本当にそう思います。楽しく生きよう。自分の感情が動くほうへ。

 

箕輪編集室との出会いの時も思いましたが、このタイミングで本書に会えてよかったです。自分はいいタイミングでいいものに出会える才能はあると思います。

 

 

やろう。死ぬこと以外かすり傷だから。

 

 

 

小木曽