スーパーポジティブシンキングを読む前の予想と読んだ感想

こんばんは。
おぎそです。

 

ノンスタイル井上さんの本を書いました。
その名もスーパーポジティブシンキング。

 

今日は趣向を変えてまさかの読む前に内容を予想して、
そのあと読んだ感想を書いて見たいと思います。

※前提として、自分はノンスタイルが結構好きです。昔youtubeで見たドブロックのカバーが面白かったので。まあでも普通の漫才も普通には好きです。

 

 

ということで早速内容に入りたいと思います。

 

目次

まずは予想

こちらは本のタイトルに惹かれて買ったわけですが、恐らく内容としては、とことんポジティブが最強ですよ、という内容が書いてあるんじゃないかと思いました。

井上さんは世間であれだけ叩かれていて(※悪意はないです)、その上でこのような本を出すわけですから、あれだけ叩かれていてもへっちゃら、だってポジティブですから。いちいち叩かれて気にしてたら何も始まりません。叩かれることですらポジティブに捉えましょう。

 

そんなことが書いてある気がします。

 

本気でどこまでもポジティブであれば、結果幸福度が高くなるんですよね。どれだけ批判されてもポジティブなので乗り越えられます。というより批判をポジティブに捉えるので、むしろありがとうみたいな感じなんだと思います。芸人にとって怖いのは叩かれることよりも、誰にも相手にされないことなんでしょうかね。

 

自分も仕事において思うのは、ネガティブな時間ほど無駄なものはないなと。かといって常に楽観的で良いわけでもないので、ポジティブな心配性が最強だと思います。作戦を練るときは心配性を発揮して綿密に策を練り、いざ行動するときはポジティブにガンガン動いていく。

 

ちなみにポジティブやネガティブは人に伝染します。だからネガティブな人はあまり近くに置かないほうがいいです。そして生まれつき個人差もあります。常時ポジティブと常時ネガティブがいて、それぞれ対策も違ってくるので、自分を知ることが大事です。これは過去に書いたモチベーションとも似てますね。

 

モチベーションと向き合うことが上げることよりも大切である

 

ちなみに自分はかなりのネガティブなのですが、ネガティブすぎて逆にポジティブになりました。究極のネガティブはネガティブな自分を悲観しすぎてポジティブに生きようという気持ちが強くなり、いずれポジティブになります。ネガティブであるゆえに、ポジティブであり続ける環境を自分で作るので、またネガティブになっても元に戻ります。

 

とりあえず本のタイトルと井上さんの境遇を考えてそんなことを考えました。
ポジティブネガティブは自分の中でも課題に思っていた時期があるので、持論が長くなり申し訳ないです。

そして読んでみた感想と共感できたこと

ここから感想と共感できたことに入ります。

大見出しとしては

・どうして、僕はスーパーポジティブになれたか
・愛されて勝つ理論
・それでも、人気者になる理論
・どんな手を使ってでも出世する理論
・何が何でも持てる理論

 

まず、答え合わせとして合っていた部分としては、「一番辛いのは放置プレイ」という部分。ここは当たってました。共感です。

 

その他、予想では書いてなかったですが、共感した部分としては、「強豪校のベンチより、弱小校のスターの方がいい」という部分。ことわざでいう鶏口牛後ってやつですね。確かにその方が人気者になりやすいです。

 

まとめ

全体として感じたこととしては、どうしても勝ちたい、なんとしてても勝ちたいという熱意が感じられたということ。その熱意が井上さんを動かしているんだろうと思いました。シンプルに目的を勝つこと”だけ”に絞れば、あらゆる手段を使って戦うことができます。”だけ”の部分が肝ですね。将来のプラスになる人のアドレスを増やすだとか、好きな人に7回告白するとか。なかなかそこまでできませんよね。けれども、本気で目的に向かって頑張っているからこそノンスタイルのように売れることができるのかもしれません。

 

自分も自分の気持ちに素直に、目的に向かってまっすぐ頑張ろうと思います。何が何がなんでも達成する。スーパーポジティブシンキングで頑張ります。

 

今回は以上

 

おぎそ