仕事の成果は顧客の成果

こんにちは。
小木曽です。

 

先日異動になって有料コンサル部隊として活動しているわけですが
改めてコンサルティングの価値のことを考えています。

 

自分はあくまで企業に勤めているので
会社の信頼を背負ってコンサルティング業務をしています。
だからこそ、できるだけ自分の個としての信頼をもらえるように
意識しています。

 

それは以前の部署でも同じでした。
圧倒的なフレンドリーさと
圧倒的な知識量、的確なアドバイス。

 

人としての魅力と仕事人としての魅力。
その2つがないとダメだと思っているので。

 

完璧にできていたかどうかはわからないけど
そこを追求していくと
それだけで自然に信頼してもらえる。

 

でもやっぱり最後は、
成果を出せるかどうか。

 

 

これまで以上にここにコミットしていきたい。

 

今まで200社とか持ってたこともあったので
死ぬきでやっても難しい部分もあったけど
そろそろ自分の力を一点集中で。

 

 

箕輪さんが言っていた圧倒的成果。
自分がいないと会社潰れるくらいにやるという、
そういう活動をしていこうとおもう。

 

ということで仕事したくて仕方ない症候群が発症したので
やろうと思います。

 

今年はいい年になりそうだ。

 

では

 

 

小木曽