4年間、今の部署で学んだことと感謝の言葉

 

こんばんは。
小木曽です。

 

本当は2ヶ月後に書こうと思っていたのですが
急遽2ヶ月早まったので書きます。

 

明日から部署が変更になりました。
これまでは無料コンサルって感じの部署でしたが
小木曽有料コンサルになります。
月額15万から。
まだまだ安い。

 

とはいえ、
社会人2年目から今日までいろんなことがありました。
むしろ自分の社会人生活の大半は今の部署です。

 

本当にいいメンバーに恵まれました。
先輩も同期も後輩も。

 

1つの区切りなので自分のこの約4年間を書きたいと思います。
本当にだらだら書くので読みたい人だけ読んでください。

 

目次

配属の時

 

今の部署には2年目の下期から配属されました。
それまではど新規の営業。テレアポ中心の毎日。
正直まるで売れてなかった。

 

新卒の頃からビリ争い。
本当にマジでやめたいと思う日々。

 

自分でいうのもなのだが
決して頑張ってないわけではない。
毎日悔しくて泣いていたし、
テレアポの練習も録音と再生の時間がもったいないから
カラオケで夜中まで練習したりした。

 

それでも全然売れなかった。
どうしようと思っていた。
センスがなさすぎるし、
この段階でつまづいている自分は
今後何をやってもうまくいかないんじゃないかと。

 

しかも当時自分が売っていたプロダクトはWEBのコンサルサービス。
売れてない自分からWEBのコンサルが売れるはずがない。
そんなことを思いながら毎日を過ごしていた。

 

でも、自分は今も昔も変わらぬ性格で
ある程度は前向きに仕事と向き合っていた。

 

そして、それなりに自己投資はしていた。
本を読んだり、自分の時間はすべて、
仕事のことに使うようにしていた。

 

だからある程度知識レベルは
社内でも引けを取らないなとは思っていた。
でもなぜか売れない。
それだけじゃダメなのはわかるけど
何がダメなのかわからない。

 

マジでやめたい。
どうしよう。
でもうちの会社は好きだ。

 

そんなモヤモヤしている時に、
今の部署への移動が命じられた。
9月の最終日だった。

 

「明日から無料コンサルになるから」

 

忘れもしない2年目の9月最終日。
うちの会社はいつも急に部署移動が決まる。

 

「明日から無料コンサルになるから」

 

よくわからんが、売れていない営業だった自分としては、
少し救われた気持ちになった。この時は。

 

でも、全然現実は甘くなかった。

 

「これから小木曽には既存を回ってもらう。そこでコンサルを月に2本取ってくれ」

 

これが自分のミッションだった。
営業時代よりも重くねえか?とは思ったがまあいいかと思いつつ
楽しい業務ではあった。

 

自分で学んだことをどんどん提案していい。
アウトプットし放題。
毎週数冊の本を読んで資料にまとめて、
これやりましょう!の繰り返し。

 

これはめちゃくちゃ楽しい。
そう思っていた。

 

ただ、ノルマ自体は当時の自分のスペックでは
なかなかの無理ゲーだった。

 

そりゃそうである。
相手が金持ちや潤沢な予算がある大企業ならまだしも、
まだまだWEBに関しては予算を持っていないクライアントから
月額25万やらをもらわないといけない。

 

BtoBで小規模の会社が中心。
全くWEB予算などなかった。

 

しかも当時はそれと同時に別プロジェクトもすすめており、
両立にとても苦労した。

 

終電までマックで仕事は当たり前。
3時半とか4時に起きて資料作ったり、
あの頃は少ない睡眠時間でできていたなと改めて。

 

自転車でガードレールに突っ込んだりもしたんで
ちょっと危ないなとはおもった。

 

そんな状況で異動から2週間。
全く売れない。

 

当時の部長に激詰めをされる。
なぜか自分だけ。

 

同じ部署の先輩には売りのミッションもなく、
自分ばかりだけ謎のノルマを課されていた。

 

今思えばそれだけ期待されていたので
とてもありがたいことなのですが
当時はマジでなんで自分ばっかりって思ってた。

 

 

先輩は何も言われないので自分だけ激詰めされる日々。
最初は期待で胸がいっぱいだったけど、こんなん絶対無理やんと思った。

 

挙げ句の果てにはロープレですら受け側の俺が詰められる。

 

なんだこれと思っていた。

 

でもそんな時でもやっぱり周りが守ってくれた。
さすがに見るに見かねた上司や先輩が俺のことをかばってくれるたり。

 

とても人に恵まれていた。
当時の上長は毎週のように飲みに連れていってくれた。

 

違和感

 

そんな2年目の時に感じていた違和感。

「どうしてこの人たちもっともっと学ばないんだろう」と思った。

 

自分は真面目な性格なこともあるけど
世の中のマーケティングな潮流や
最新の情報を常にキャッチアップが必要だと思っていた。

 

そして休む暇もなく、
自分がお客さんの為にスキルアップをしないと思っていた。

 

でも、社会人は以外とそれをやらない。
うちの会社もいい人が多いからある程度は勉強するし
優秀な人間が多いけれども
圧倒的に学んでいるかというとそうではない。

 

みんなかなりの営業力は持っているから
会社は伸びていっていたが。

 

 

ただ、そこにとても違和感を感じていた。
この業界はやればやるだけ差別化ができるのに
なぜみんなやらないのかと。

 

だから当時は、自分がいなくなったらこの会社やばいな。
なんとかしよう。そんな気持ちで働いていた。
今思えばただの意識高い系だったけど、
そのくらいで働いてよかったと思ってる。

 

 

マネージャーになった日

 

そんなこんなで仕事にフルコミットしてたら
ある時、雷のように点と点が繋がり、
結果が出るようになった。

 

感覚を掴んだのでアウトプットをしたくて仕方がない、
仕事をしたくて仕方がない。
この時、自分に足りていなかったのは、
自信だけだったんじゃないかと悟った。

 

そんな感じで完全に無敵モードだった。
あまりに調子に乗りすぎて、
当時の部長に「調子に乗ってるのか?」と詰められた。

 

たしかに完全に調子に乗っていた。
否めない。少しだけ後悔した。

 

そこからまた謙虚に頑張っていたら
こんな自分でも4年目でマネージャーになれました。

 

同期でもだいぶ早い方。
マジで生きてる時間すべて自己投資に使っていたので、
やっててよかったなとは思った。

当時、同期のやつにマジなトーンで
「お前に女がいるうちは俺には追いつけん。
物理的に使える時間が違うからな」

と言っていたくらい。
厨二病かよって感じだった。

 

まあ、自己投資って言っても楽しいと思ってやってたので
そこまで苦じゃなかったですが。

 

みんなが飲んでる時、花火大会に言ってる時も仕事。
いつも仕事。仕事より熱狂できる娯楽はないですから。
そう思って淡々とやっていただけ。

 

誰にも理解はされなかったけど
それでも1人か2人は共感してくれる同士がいて
(当時は社外だったが)
楽しく仕事にコミットしていた。

 

 

 

そんなこんなでマネージャーになって最初は浮かれていました。
いつものパターンです。

 

ところがどっこい。
まあうまくいかないこと。
全然回せない。

 

自分の当たり前が人の当たり前じゃなかったり、
ちゃんと管理しないと動かない人なんかもいて
とにかく大変だった。
全然うまく行かなくて日々苛立っていた。

 

正直、新卒の暗黒時代並にしんどかった。

 

マジで毎日会社に行くのが億劫で、
憂鬱でなければ仕事じゃないっていう藤田さんと見城さんの言葉を
呪文のように唱えていた。

 

動悸が止まらない日もあった。
強がってはいたけど、飲まないとやってられない日も多々あった。

 

自分もまだプレイヤーとしてフルスイングしたいのに
それどころではない。

 

メンバーは同期が1人と新卒と2年目と3年目と・・・

 

自分でやるっきゃないと思いつつ、
全然うまくいかず。

 

かなりしんどい1年間だった。
でもこの1年がまた自分を強くしたような気がする。

 

 

みんなに支えられた日々

 

そんな日々を送りながらも毎年部署としては倍々で売り上げは伸ばしてきた。
それに伴って人数も増えてきた。

 

これは本当にチームのみんなが頑張ってくれたおかげだなと思った。
こんなマネージャーの下でよく頑張ってくれた。

 

正直しんどいと思った時も気が狂いそうな時も
メンバーの顔を見ると救われた。
こいつらの為に頑張ってやるか!って気持ちになれた。

 

本当に人に救われた4年間でした。

 

この4年間があったからこそ、
今の自分がいて、幸せに生きています。

 

本当に感謝しかないです。

 

たかだか部署異動で大げさと思うかもしれませんが
自分に取ってはそれだけかけがえのない4年間だったので。

 

ちなみに部署異動は社長と2人で飲んでる時に自分からいいました。
今の部署にずっといるつもりはないと。
新しいことをもっとやってスキルをつけたい
そう思って正面から想いをぶつけました。

 

 

言ったからには、圧倒的な成果を出して行こうと思う。

 

 

 

伝えたいこと

 

そんな自分から今の部署のみんなに伝えたいことは
若いうちは仕事にコミットしてほしい。

 

3年、いや2年でいい。
それだけ死ぬ気で頑張ればあとは軌道に乗る。

 

今のうちの会社はみんな人がいいけど、
給与面や生活面にも甘すぎる。
みんな真面目だから節約とか資産運用とかを学んでたりするけど
最高の投資は自己投資です。

 

自分は自己投資の倍額以上は
毎年年収をあげてきました。
うちの会社の勝算はそこにしかありません。

 

とにかくやれ。
何もない自分に小さな1を足していけ。
凡人でも天才に勝てることを証明しよう。

 

そんな想いでございます。

 

自分はやっぱり、社会人経験の大部分が今の部署で、
本当に全て仕事中心にいきてきた。

 

女と会う時ですら、仕事に置いてなにかメリットがないと
会おうとしないような男でした。

 

不器用なんですよね。
どうも。

 

でも本当に今のメンバーは大好きでした。
ありがとう。それしか言えない。

 

 

 

これからやっていきたいこと

 

これからは有料のコンサルになるわけでして
一旦はマネジメント職を降りてプレイヤーに戻ります。
圧倒的に手を動かしたくて仕方ないので。

 

あとは、他にも事業を考えていきます。

特に、今ハマってるコミュニティはぜひ本業でも活かしたいから
できたら1年以内には事業としてなにか形にしたい。
勝手に思っています。

 

そんなことを思っています。
あまり詳しくは言えませんが。
なんとなく構想だけはあります。

 

すべての出会いに意味があると思うので
動ける時間はすべて熱狂して行こうと思う。

 

そんなことを思っている次第です。

 

先ほども申し上げましたが
今回の移動は本当は10月からの予定でした。
でも昨日、急遽8月からの異動になりました。
うちの会社あるあるですね。

 

時間も全然、
まだまだ伝えられてないこともたくさんあるけど
たかだか部署異動。
うちの会社をよくする為にもっともっとコミットしていきますし
他部署にも影響を与えていきます。

 

 

それが俺にしかできないミッションだから。

 

ありがとう

 

ABMのみんなは本当にありがとうございました。
まだ引き継ぎとかで関わるとは思うけど
引き続きよろしく頼む。

 

こんなマネージャーについてきてくれてありがとう。

 

今の部署のいい文化を永遠に語り継いでほしい。
お客さんを幸せにできる最高の部署だから。
お客さんを幸せにして、自分たちも幸せになろう。

 

 

そんなことを思う、
7月最終日でした。

 

だいぶ内輪の話で失礼しました。
これからも、いろんなところで熱狂していくので
よろしくお願いします。

 

 

それでは!

 

 

 

ABM東日本グループ
小木曽