小さなイチを足していく。そしてそれをログしていく。

 

こんにちは。
小木曽です。

 

今日は小さなことの積み重ねの大切さと
ブログで発信することの重要性のことを書きます。

 

タイトルはホリエモン著の『ゼロ』に書いてある、
自分の好きな言葉です。

 

「何もない自分に小さなイチを足していく」

 

2年目だか3年目社員の頃ですかね。
この言葉を胸に頑張っていた記憶があります。

 

当時は今みたいに休日をサロン活動やら
ブログやらに費やすことはなく、
ひたすら本業、時々読書、
読書といってもすべてビジネス書、
基本はWEBやマーケティングの本でした。

 

稀にバドミントンをしたり、
血迷って街コンに行ったりもしたこともありました。

 

そういえばただの街コンでは
コスパがどう考えても悪いので
バドミントンコンとかいう、
バドミントンをしながら街コンができるという
イベントにも参加しました。

 

結果、バドミントンもただの羽根つき程度、
そしてコンテンツも微妙で
途中で帰りました。

 

バドミントンコンなので
バドミントンのあとに飲み会、
そして連絡先交換の時間があるのですが
その前に場をあとにしました。

 

こんなイベントに参加するなら
仕事をするか本でもよかったと
後悔した記憶があります。

 

 

下記がそんな頃のブログです。
残ってました。
懐かしいですね。

 

頑張りかたと頑張るわけ

何もない自分に小さな1を足していく

 

多少恥ずかしいことを言ってたりしますが
熱量自体は今と全く変わらずって感じです。

 

当時は平社員でとにかく目の前のことに
正面から取り組み続けていました。

 

毎日毎日自分のスキルを高めるために
何をすべきかを考えて手を動かし続ける日々でした。

 

その頃があっての今であって
今も特にやるべきことは変わらず、
何もない自分に小さな1を足していくだけです。

 

そして、手を動かすこともそうですが
改めてブログとして今の気持ちを残していくことは
重要だなと思いました。

 

確かに文章も下手で恥ずかしいことも言っていますが
若かりし日にどんな気持ちで生きていたかを
振り返るのにちょうど良い。

 

これもゼロにイチを足していく作業であり
ゼロにイチを足していく過程をログしてく。

 

ブログの使い方は人それぞれですが
どんなに恥ずかしい内容であっても
自分はその名の通りログとして残していきます。
若い頃の情熱はずっと忘れたくない。

 

そして、有益な情報も大切ではありますが
個人的には人間らしさも大切にして
更新を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

とはいえ、
いつまでも何もないとか言ってられないので
そろそろ形にせねば。

 

そんなこんなで達成欲強めの自分は
ズートピアを見ながら今日も更新をしています。
1つのことだけをできないタイプなので。

 

自分を信じて今日もフルマックスで生きますね。
死ぬこと以外はかすり傷。

 

 

自分にも凡人の人生の勝算があるので。

 

 

 

最後軽く宣伝ですが、
ブログ始めたいけど何したらいいかわからないなーって人は
コミュニティに入るといいと思います。

APPARTEMENT(アパルトマン)というブログコミュニティに入って思うこと

自分も入ってます。
一緒にログを残していきましょう。

 

 

今回は以上。

 

おぎそ