リアルイベントの大切さと「たまりば」

 

こんばんは。
おぎそです。

 

最近オンラインサロンにかなりリソースを割いているわけですが
改めてオンラインサロンはオフラインが大切だなと感じています。

 

そしてネットがこれだけ普及していると
物理的には離れていても、
近くに感じることができるなと。

 

 

 

今週は箕輪編集室のPRチームでも
「たまりば」というZOOMのゆるい場を作っています。

 

オフラインでどれだけ話せるか。
どれだけ顔を見て話せるか。

 

それがコミュニティには大切であって、
結局はオフでのコミュニケーションに勝るものはない。

 

いままでROM専だったり、
全然参加できてなくても
一度でも参加すれば手をあげることができる。

 

そしてその手をあげる余白が箕輪編集室にはたくさんある。
本当に安全安心と熱狂のハイブリッドなコミュニティだと思う。

 

ガチでややりたい人はガチでやればいい。
居場所が欲しい人は居場所を手にいれればいい。

 

人は宝であって、みの編のメンバーはもれなく爽やかで、
いい人しかいない。
とにかく過剰なのにめちゃくちゃ空気読めるって、
本当にその通りだと思う。

 

もちろん、今自分が入ってるサロンは
みんないい人ばっか。

 

参加率はみの編が異常なんで
箕輪編集室の話ばっかになってるけど
どれも好きです。

 

とにかく毎日楽しく過ごしてる。
とにかく、熱狂して生きている。

 

ガチも緩めもハイブリッドにいけるので
ガンガン行こうと思う。

 

どっちかっていうとガチ勢だけどな。

 

 

そんなこんなで、明日も頑張ります。
部署も変わってモチベーションマックスなので。

 

よろしく。

 

今回は以上

 

 

小木曽