人間頑張ればなんでも70点くらいは取れる

 

こんにちは。
小木曽です。

 

まさかの連投になります。

 

 

先日会社の朝礼の一言のお題が
「名言を自分で作る。根拠も添えて」
でした。

 

私は2つ言葉を発表しました。

 

 

1つが

「人間頑張ればなんでも70点くらいは取れる」

 

そしてもう1つが

「引かれるくらいやってスタートライン」

 

とういうもの。
マイルドなやつとハードなやつ、
両方を発表しました。

 

最近の自分の行動指針です。

 

目次

人間頑張ればなんでも70点くらいは取れる

 

人間本気でやれば
誰でもなんでも70点くらいの点数は
取れるようになります。

 

自分はそれを知っているので
大概のことはまずは頑張ってみようと思えます。

 

例えば自分は大学に入るまで
カラオケが死ぬほど嫌いでした。
死んでも行かないと拒絶し続けたカラオケですが
大学ではカラオケの1つもいけないと楽しみが減ると思い
めちゃくそ練習しました。

 

お風呂で毎日歌ったり一人でカラオケ行って練習したり
録音して聞いてみたり、毎日毎日通ったこともあり
普通くらいには歌えるようになりました。
決してうまいとは言えませんが、
多分、ふつうくらいです。

 

 

また、自分の学生時代苦戦したシリーズ第二弾に
髪の毛のセットがあります。

 

今も髪の毛のセットに関しても
決してうまいとは言えませんが、
昔はもっとひどかった。
やらないほうがいいじゃんって感じだった。
でもモテたかったから頑張った。

 

中学生の時に
初めてワックスを買って使ってみた。
なぜか全然髪の毛が立たない。原因がわからない。

 

夜も外へ出かけるわけでもないのに毎日練習したり
10個くらいワックス買って試してみた。
イライラしながらセットしては流して乾かしてを
何回も何回も繰り返して、全く成長しない自分に苛立っていた。

 

それでも折れずに頑張ってみた結果、
普通くらいにはできるようになりました。
原因はドライヤーのかけ方でした。
なんだ、簡単じゃないかと。

 

結果、髪の毛セットしてかっこつけても
そんなにモテなかったという
青春の思い出である。

 

 

こんなしょーもない事例で恐縮ですが
こういう小さい壁をたくさん乗り越えてきました28年間。
小さなことに悩んで、ほんとうに小さく生きてきた。
小さいのは体だけで十分だ。

 

でもまあ、自分の人生って全部こんな感じなんですよ。
みんなが普通にできていることが
めっちゃ頑張らないとできない。
仕事とかも含めてそう。
大小ではなく、大概うまくいかないし、
大概頑張ればどうにかなる。

 

 

全部普通未満のスタートでしたが
なんとかある程度70点くらいのところまでは来れたと思います。
できるようになった事実よりも
やればできるという経験が自分の資産となりました。
あんなしょーもない経験も自分にとってプラスに働いたので
なんだか得した気分でもあります。

 

若いうちは70点をとる経験ををどれだけ増やすかってのも
大事だと考えています。

 

引かれるくらいやってスタートライン

 

なにごとにおいても、
猛烈にやってる人たちは世の中にたくさんいるので
とりあえずそのくらいやって、そこからが勝負だと思っています。

 

疲れるけど。眠いし。
でもやる。

 

引かれるのを恐れてセーブしていた部分とかもありましたが
もうこれからは惜しみなくどんどんやっていこうと思う。
そして公私問わずどんどん発信していく。

 

これまでも散々自己投資してきたのですが
もっともっと外向けに、公に
やっていこうと思う。

 

特に今は何も失うものはないですしね。
やりたい放題やります。

 

だから引かれるくらいやっている人と
同じステージに立つために
自分もどんどんやっていこうと思います。

 

引かれるくらいやったらスタートライン。
最近心から思っていることです。

 

以上2点、名言というより自分の行動指針です。
28年も生きていればおもうこともあります。

 

しっかり明文化することは大切なので
いい機会だったなと思います。

 

これからも先ほどの2つの言葉を大切にしていきます。
もっともっと思うことを明文化していきます。

 

よろしくです。

 

 

おぎそ