【解説】ページの読み込み速度がなぜSEOに関係するのか

Googleが下記の発表をしました。

 

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

以前から言われていたページの速度に関して
今年は本格的に変更があるみたいです。

 

下記、いくつか抜粋しながら解説いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する回答を見つけたいと考えています。研究(英語)では、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキングシグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本文抜粋

 

ちなみにスピードアップデートっていうみたいですね。

どうしてサイトの表示スピードが検索順位に影響するのでしょうか。
一見、検索者のニーズには関係がないような気もしませんか?

 

その答えが下記に集約されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイト制作に関わるみなさまには、パフォーマンスがそのページのユーザー体験にどのように影響するかを広く考え、そしてさまざまなユーザーエクスペリエンスの指標を考慮することをおすすめします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本文抜粋

 

つまりは、ユーザーエクスペリエンスの向上です。
ユーザーに対して良い経験を提供するためには
サイトが遅くてイライラするなんてことは避けないといけません。

 

ユーザーが心地よくネットサーフィンができるように
より表示スピードが速いページが上位に来るようにするアルゴリズムです。

 

今の所ごく一部のクエリにしか影響しないとのことですが
今後サイトスピードは注目度が上がって行くんじゃないかと思っています。

 

また、ページのパフォーマンスを評価するためのリソースとしては
下記のようなものがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Chrome のユーザー エクスペリエンス レポートは、ウェブ上の人気のあるサイトを Chrome ユーザーが実際に閲覧した際の、ユーザー エクスペリエンスの主な指標に関する一般公開データセットです。

Lighthouse は、ウェブページの品質(パフォーマンスやアクセシビリティなど)を監査するための自動化されたツールで、Chrome Developer Tools の機能の一部として提供されています。

PageSpeed Insights は、Chrome のユーザー エクスペリエンス レポートのデータを利用してページがどのくらいのパフォーマンスを発揮しているかを示し、その最適化を提案するツールです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あくまで追うのはお客様視点ということを忘れないでください。

 

今日は以上。

 

小木曽