箕輪書店を見ていて思ったこと

 

おはようございます。
おぎそです。

 

今日は朝から朝活でした。
箕輪編集室の映像音声チームでZOOMにてわいわいやってました。

自分は映像に関して素人で
実はグループにすら最近入ったばかりなんですが
いつもtwitterで流れてくる動画を見て
こういうの作れたら面白そうだなと思い
参加して見ました。

 

これから少しずつ学んで行こうと思います。

 

また、朝活は5時からだったのですが
普段7時半起きとかが多いので
毎日このくらいに起きると一週間で17.5時間手に入るわけで
2人日くらい手に入ると考えるとすごいですね。

 

時間はいくらあっても足りないので
毎朝5時起き頑張ろうかな。

 

あと、どこかの本に書いてあったんですが
8時間働く人と12時間働く人では
10年後5年分の差がつくんですよね。

 

別に長く働くのが良いわけではないですが
圧倒的にやることで得られるものや
簡単にできる差別化の部分かと思うので
何をやって何をやらないかを決めてから
時間を使って行こうと思います。

 

 

話が逸れました。

 

 

本題です。
昨日20時に箕輪編集室から
箕輪書店が開店しました。

 

BASEで箕輪さんの選んだ本が買える仕組みになってまして、
買った人は限定のメルマガが読めてしまうという、
箕輪ファンにはたまらないECサイトです。

 

 

その熱狂は凄まじく、昨日の自分のタイムラインは
箕輪書店、箕輪書店、時々田端さん、箕輪書店、
みたいな感じで熱狂がすごかったです。

 

しかも、3時間で100冊を突破するなど
ただの熱狂ではなく実際の結果も凄まじいという。。

 

 

箕輪編集室はこれからリアルの場もどんどん増えて行くみたいなので
とても楽しみです。

 

箕輪編集室の熱狂を見るたびに
ファンベース (ちくま新書) | 佐藤 尚之 を思い出すのですが
みの編ってコアファンの質と量が異常なんですよね。
他のオンラインサロンとは比にならない気がする。

 

そしてコアファンの戦闘力がいちいち高いから
大抵何をやってもうまくいく。
すごい組織だと思います。

 

以前、箕輪さんがnoteで株式会社箕輪編集室作るって言ってましたが
できてしまうんだろうなと思っています。

今年度の箕輪の方向性

 

そういう自分もこれまで隠れコアファンをやっていて
これから隠れないコアファンになるとは思いますが
やっぱり一番のモチベーションは楽しいことです。
加えて箕輪編集室の人たちが好きってことですかね。

 

自分は結構人の性格とかに敏感なんで
サロンによって人の種類が全然違うなと思っているのですが
いい悪いではなく箕輪編集室は安全安心に仕上がってきてる。

 

そんな気がします。
他のサロンも安全だったり安心だったりするけど
自分がこれまで学んできた安全安心は
やはり箕輪編集室だなと思います。
(語弊があるといけないので補足すると、
安全安心って観点だけの話なので
今入っているサロンはそれぞれみんな好きですよ!)

 

まあ、個人的には
死ぬこと以外はかすり傷ってのも好きですけど、
それだけではない、居場所になってきているなと。

 

これを突き詰めていけば極端な話、
失恋したけど私にはみの編があるから大丈夫。
くらいの人も出てくるんじゃないですかね。
てか既にいそうですよね。恋愛よりみの編の人。

 

そんなことを思う朝です。

 

箕輪書店もこれから
アップデートされて行くんだろうな。
楽しみです。

 

とりあえず私も今はだいぶ身軽になったので
いろいろ動いて行きます。毎日充実させます。

 

とりあえず今週末はPRチームのBBQ楽しみです。
よろしくお願いいたします。

 

ではでは
今から本業モードに切り替えます。

 

 

 

おぎそ