負けを素直に認めることが己の成長につながる

少し前ですが東洋経済でトップ営業マンの共通点の記事が上がっていました。

 

しっかり負けを負けと認めることが、己の成長につながる。

売れる営業マンは決して言い訳をしない、といった内容でした。

 

 

当たり前ですが全勝の営業マンなんていません。

成約率99%とかで本を出している著名人探せばおりますが

そういう人でも1%は失敗してますし、その失敗を素直に認め、限りなく100%に近い数字を出しているかと思います。

 

言い訳をしないというと当たり前に聞こえるかもしれませんが、意外と無意識に言い訳をしていることは多いようです。

 

私自身も、この案件は取ったら大変で割りに合わないから取れなくて良かった、

などといった事を考えることはありますし

周りからも言われることも少なくありません。

 

 

でも、それではダメだなと。

記事を読んで改めて実感。

 

 

 

言い訳をすると、せっかくの成長の機会を自ら棒に振るということになります。

人間は成功から学ぶことよりも失敗から学ぶことの方が多いはずです。

むしろ学ぶから成功するわけであって、

どんな全知全能の人であっても、初めから営業成績トップの人でも、

過去で近しい経験をしており、そこで一度は失敗しているはずです。

 

 

極端な話をすると、生まれた時から何も失敗をしたことがない人なんていません。

でも初めから仕事をできる人は、今までの人生経験と今の仕事を比較して、共通項をあぶり出し、成功するためのエッセンスというか核心を捉えているだけです。

 

なので負けの数が多ければ多いほど

自己の成長には繋がるはずです。

 

 

自分ももっと負けを認めて、謙虚に粘り強く頑張ります。

 

 

 

今回は以上。

 

 

小木曽