リアルなエンタメがなくならない理由 〜リアル体験の価値〜

 

こんばんは。
おぎそです。

 

ハイパー眠いです。
眠すぎて気が来るそうなんで
今日は思ったことをガンガン書くブログにします。

 

デジタルの普及とリアルの価値に関して。

 

先ほどまで社長と会食をしておりまして、
なるほどと思ったことをアウトプットします。

 

会食の中で、VRの普及によって
リアルのテーマパークはなくなるんじゃないかという
話が出ました。

 

自分はむしろ、リアルでしか味わえない体験だとか
”テーマパークに行く”という本質的な価値は
上がっていくんじゃないかと思いました。

 

結局はライブ感を求めて
足を運ぶ人が増えると思います。

 

むしろデジタルが進めば進むほど
リアルの価値が上がって行くのではないかと
思っています。

 

せっかくの機会に、
良い体験をしよう。
多少はお金は高くても
思い出作りや
記念日には贅沢しよう。

 

そういう場としては残り続けます。
だから結局戦略次第。
どこのターゲットを狙っていくか、
どんなアプローチをしていくか。

 

考えれば考えるほど
面白いなと感じました。

 

結論テーマパークはなくならないです。
USJもディズニーも。

 

ですが、人々にとってどういう存在なのか。
テーマパークとしての価値は変わっていくと思うので
しっかり時代に順応していくことが
もっとも重要だと感じました。

 

そんなこんなで何が言いたいのかというと

 

 

 

 

リアルは終わらない。
必ずニーズはある。

 

 

こう思いました。
各々意見があるとは思います。

 

でもやっぱり人は人。
リアルな体験を求める
市場はなくならないんじゃないかと。

 

そんなことを思った月曜日でした。

 

体力の限界なんでこの辺で。

 

 

おぎそ