前田裕二の夜会に参加できなかったけどレポートを書いてみた

 

 

こんにちは。
土曜日のおぎそです。

 

昨日箕輪さんのイベントで
コミュニティの作り方を学びました。

 

とても勉強になって、
とにかく頭の中で風呂敷が広がっているので
これから勝手に一人でたたんでいきます。

 

で、そのあとは前田裕二さんの夜会に・・・
行きたかったんですが3時からということもあり行けず。

 

全ての欲求の頂点に睡眠がある私は
後でみの編内で動画が上がって来ることを期待して
家で普通に寝ておりました。

 

そんで起きたら夜中だってのに
タイムラインがめっちゃ楽しそうなことに。

 

 

 

 

 

なんか、参加してないのに参加した気分になりました。
なるほどなるほどと勉強になる。

 

夜中の3時とか4時です。尋常じゃない。

 

 

 

 

うん、楽しそう。
ちなみにこれ朝の5時くらいです。
もはや夜会ではない。

 

 

 

以前、前田さんの著書である「人生の勝算」を読んで、
前田さんの人柄や考え方を知り
とても魅力的な人だと思いました。
そこから地味に隠れファンをやっております。

 

この前も社内の読書プレゼン大会で紹介しました。
スライド30枚くらい作ってちゃんと優勝しました。

 


 

すみません、3枚目の画像に悪意はないです。

 

 

 

 

 

 

やっぱり圧倒的にやってる人っていうのは魅力的で
その上地頭もいいしかっこいいしで完璧な方なんですが
謙虚で優しいという。

 

そんな前田さんが成功している理由として

「頑張る」から

努力投入量が人より圧倒的に多いから

 

とか言っているわけでして

 

情熱と努力次第で、人はどんな高みにだって上っていける。

自分の人生を通じて、これを証明してみせます。 前田裕二の「人生の勝算」は今、はっきり見えています。

 

とか言っちゃってるんですよ。
マジでこの人かっこいいなって思いました。

 

 

俺もとにかく圧倒的にやろうと思ったわけです。
もともと全てのリソースを仕事に使う派だったけど
まだまだ甘いなと。

 

そんでもって本を読んでいて
はじめて前田さんの本を読んだのに
自分の中で哲学としている部分が書いてあったりすると
やっぱり嬉しいんですよね。
モチベーションにブーストがかかる。

 

そんなこんなで
先ほどの夜会のハッシュタグを見て
勝手に一人で参加したつもりになり盛り上がっています。

 

 

昨日の箕輪さんの講義でも思ったけど
やっぱ人間性が素晴らしい人の周りには
素晴らしい人が集まって来るんだなと。

 

自分も圧倒的に量をやりつつも
人として魅力のある人間になるように
広く寛大で温かい心を持つことを意識していきます。

 

みんなが安心できるようなコミュニティを作っていきたい。
安心して頑張れる場を。

 

そのためには欲求の言語化、
登るべき山ですよね。
わかってますよ、夜会で言ってた(らしい)ので。

 

 

 

以上、参加してない人の参加レポートでした。

 

よかったらみなさん、人生の勝算も読んでみてください!

 

 

 

おぎそ