達成欲の弊害 〜ストレングスファインダーの使い方〜

 

より多くの仕事をこなそうとするあまり、品質を妥協することがないように注意しましょう。生産性だけでなく、一定の品質も保証するような評価基準を設定すると良いでしょう。

 

 

こんばんは。
キングオブ達成欲のおぎそです。

 

ストレングスファインダー始めてから
自分の達成欲を好きになり
だいぶ活用できてるなと思う反面
弊害を感じている今日この頃。

 

今日はそんな私が
達成欲によるデメリット、
弊害の話をします。

 

知っておけば対策が打てるものではあるので
達成欲を持つ人はぜひ参考にしてください。

 

目次

達成欲とは

 

そもそも達成欲という資質に関して。

 

【達成欲】の資質を持つ人に見られる特徴的な才能

  • 「何かを成し遂げたい」という恒常的な欲求を原動力として備える。
  • 毎日がゼロからのスタートのように感じられ、一日というスパンの中でも何か具体的なことを達成せずにはいられない。
  • 休日であっても、何事も無く一日が過ぎてしまうと不満を感じる傾向がある。
  • 【達成欲】に駆り立てられ、次から次へと行動したいと感じる。
  • 【達成欲】によって生じる欲求は、否応無しに湧いてくるものであり、必ずしも論理にかなっていなかったり、方向が定まっていなかったりする。この「わずかに満たされない気持ち」に上手く折り合いをつける術を身につけるべし。
  • 例えば、新しい仕事や難しい仕事にとりかかるときの起爆剤としての役目として利用するのが有用である。このエネルギーを源にして、あなたは職場のチームの働くペースを定めたり、生産性のレベルを定めたりすることができる。

 

 

とにかく何かをしていないと気が済まない。
そんな資質です。

 

うまく使えば圧倒的に量をこなせる男になれます。
めっちゃ気に入ってる資質です。

 

達成欲の弊害① 周りが見えなくなる

 

達成欲の弊害としてもっとも感じることは
没頭しすぎて周りが見えなくなることです。

 

例えばブログの更新のために
奥さんとのコミュニケーションの時間が少なくなったり
友人よりもブログを優先したり。。。

 

一歩間違ったらそうなるなと
感じています。

 

達成欲はいい資質です。
間違いありません。

 

過去にも記事を書きましたが
最強にもなりうる資質だと思ってます。

 

達成欲はすべてを超越する〜ストレングスファインダーの使い方〜

 

ですが、本当に1つのことを達成することしか
頭になくなってしまう可能性も孕んでいるので
注意です。自分も最近やばいなと思うことがありました。

 

達成欲の弊害② 思考停止

 

数をこなすことは良いのですが
数をやることが目的になると
思考が停止します。

 

立ち止まって考える機会が無くなりますからね。
工場でひたすら単純作業を頑張るような人間になってしまいます。

 

ですが達成欲の人間は
どうしても数をやりたくなってしまう。

 

だから

 

・数をやることをそのものに意味があるように仕組みを作る。
・ちゃんと立ち止まって考える。

 

このいずれかが必要です。
でないと考えることをやめた
ロボットのような人間になってしまう。
(機械ですら学習する時代ではありますが)

 

自分もかつてテレアポをしまくっていた時代
リストの数を作成することが目的になり
全く戦略性がありませんでした。
もっとも成長しなかった時代です。

 

ちゃんと考える仕組みを作りましょう。
達成欲を活かせる仕組みを。

 

 

まとめ

 

資質を活かすのは大切です。
できる限り発揮すべきです。

 

ですが行き過ぎた資質は
弊害が生じます。
これは達成欲に限った話ではないです。

 

だから、自身の資質は
正しく知りましょう。
そして正しく活かしましょう。

 

なんだかんだ私も
達成欲大好きなんで。

 

どんどんやるよ。
それが生き方だからね。

 

 

今回は以上

 

おぎそ