Youtuberヒカキンさんの記事が面白かった件

 

こんばんは。
金曜日のおぎそです。

 

相変わらずGWです。
自分は2日目に当たるのですが
世間では後半とも言われております。

 

私も人間なので
昨日はBBQを楽しんだり浅草で飲んだり
今日は姪に会いに行ったりと最高の日々を過ごしています。

 

が、相変わらず合間時間は
インプット&アウトプット。

 

今日はR25のヒカキンさんの記事が面白かったので
アウトプットしていきます。

 

まだ前編と中編で、
後編は出ていないのですが
とても面白い記事なんでぜひ読んでみてください。

 

200円の定食を4年間食べつづけた。ヒカキンが語るストイックなサラリーマン時代(前編)

 

「全員抜いてやる!ヒカキンがトップユーチューバーになることを決意した瞬間(中編)

 

 

目次

Youtubeが支えになった会社員時代

 

上京して、働きながら動画をUPしていたのも、やっぱり楽しかったから。夜の社員寮でビートボックス動画を何回も撮って、100%うまくいったと思えるものを厳選して、UPする。翌朝、起きてすぐにパソコンを開き、反応を確かめる。再生回数が伸びていたり、そうじゃなくても海外から視聴されたり、コメントが来たりしている。よっしゃ!と思いながら、スーパーに行く。それが毎日の支えでした

 

店頭でお客さんに怒られても、上司に嫌味を言われても、自分にはYouTubeがある。正直、好きなことを仕事にできていないサラリーマン時代は、つらかった。でも、「僕は、ただのサラリーマンじゃない。動画を作って、海外からもたくさん見られてるんだ」という意地があったから、仕事も続けられたと思います。

 

 

 

ヒカキンさんもはじめは普通に
スーパーの店員として働いていました。

 

欲しい機材を買うため、
いつかはスーパーを辞めるために
毎食200円の定食をたべていたそうです。

 

そして仕事で嫌な事があっても、
Youtubeを支えに頑張っていたとのこと。
どんなに嫌な事があっても、
自分にはyoutubeがあると。

 

好きな事を最初からできる人は良いですが
そうでない人はこういった心の支えも必要です。

 

ちなみにこれからの時代は
それがコミュニティであると思っています。
仕事で嫌な事もがあっても、
心の支えがある。

 

そんな立ち位置として
今後はコミュニティが
普及していく。

 

そんな事を
記事を読みながら思いました。

 

 

ヒカキンさんがYoutuberを夢見たきっかけ

 

夢のような話だけど、実現した女性が、目の前にいたのです。すげえと思った。僕がしたい生き方はコレだと思った

ユーチューバーという夢が見つかった瞬間。ここから僕は、「どうしたらYouTubeパートナーとして食べていけるか」を試行錯誤していきます。

 

 

あのヒカキンさんですら
アメリカのコンテストで
Youtuberの女性に会うまでは
Youtuberとして生計を立てる事を
考えていませんでした。

 

はじめのコンテストは
残念な結果の終わったものの
そこから試行錯誤を繰り返し、
今に至るわけです。

 

わずは7年前の話。
7年あれば人はこれだけ成功できるんですね。

 

 

まずはトップ・オブ・トップを研究し尽くす

 

あの悔しさって、なんというか…。悶絶しながら、憎しみみたいのがわいてくるんですよ。特定の誰かへの憎しみじゃない。「ここにいる全員、抜いてやる! 僕は違う次元に行くんだ!」という、漠然とした怒りみたいなもの。めちゃくちゃ燃えたし、あのエネルギーはかなり長持ちしましたね。

 

ヒカキンさんがアメリカのコンテストで落選したときに
そう思ったそうです。

 

あのヒカキンさんが
Youtuberのコンテストで負けるなんて
今となっては想像もつきません。
本人も負けるとは思っていなかったそうです。
世界は広いです。

 

そしてその後、
ヒカキンさんがとった行動がこちら。

 

YouTubeの社員で、ユーチューバーへのアドバイザー的な仕事をされていた佐藤友浩さんに、相談に行きました。そこで、動画作りの基本をまとめたハンドブックをもらい、個別にもたくさんアドバイスをいただいて。自分でも国内外のトップクリエイターの動画を研究して、タイトルやサムネイル、リンクの貼り方など、編集スキルをまねしていきました

 

ひたすら研究して真似る。
それだけです。

 

そして本日、
たまたまイケダハヤトさんの
”ブログで月商100万円稼ぐマインド”を読んでいて
やぎぺーさんとイケダハヤトさんも
同じような事を言ってました。

 

 

細かい発見と真似を繰り返していって、それがいつの間にか自分の型になっていく、そのプロセスが読みやすい記事を書いていく上で大切だ、と考えています。

引用:ブログで月商100万円ん稼ぐマインド やぎぺーさん

 

意外なほど、人はすぐにパクらないんです。なんでだろう?もっと早くパクれば良いのに……って感じで。はあちゅうさんに限らず、僕もいろいろとノウハウを出しているのに、模倣が遅いんですよねぇ。

引用:ブログで月商100万円稼ぐマインド イケダハヤトさん

 

よし、どんどんパクリまくろう。
たしかにはあちゅうさん速攻で箕輪さんパクって
サロン作った感じがしたからな。笑

 

自分もどんどんパクっていこうと思います。
でもちゃんと敬意を払って、
失礼のないようにパクっていきます。

 

もっともっと良い記事書いて
世の中の誰かのために
頑張っていきますね。
ノウハウパクりまくって
改善していきます。

 

 

 

という事で今回は以上。

 

 

おぎそ