MAから学ぶマッチングアプリの必勝法

面白い記事がありました。

「出会い系アプリの女性がプログラムだった」という男性の悲痛の叫び、被害総額は170億円超
http://gigazine.net/news/20180109-dating-apps-women-revealed-robots/
これは見抜けない方も問題があるんじゃないかと思いますが。。

みなさん出会い系アプリってやったことありますか?

私はむかーしやってました。
出会い系というと聞こえが悪い感じが悪ので
マッチングアプリと呼びます。

今ではペアーズだとかタップルだとか
たくさんのマッチングアプリが出ていますよね。
かなりマッチングアプリでの出会いが一般化してきた気がします。

当時は非常に有効だと思ってやったのですが
実際に今でもマッチングアプリでの出会いが最も効率的だと思っています。
目的にもよりますが、単純に恋人を作るには最も適していると思っております。

マーケティングに置き換えると
街コンが展示会で合コンが異業種交流会
そしてマッチングアプリがMAを使ったマーケティングって位置付けな感じな気がします。
かなり強引ですが。笑

マッチングアプリを使うとなると、まず出会うまでに、相手の絞り込みを行います。
自分の中でターゲットになる条件があるんですから、
それ以外の人に時間を使うなんてもったいない。
デモグラフィック要素、サイコグラフィック要素、
どちらも重要であり、どちらも絞り込みが可能です。

そして、まずはメッセージを送付して反応をみます。
先ほどのターゲットのマッチ度とメッセージの反応、その後のコミュニケーションで
スコアリングを行なっていくわけです。

そうすると必然的に人数が絞られるので、そこで初めて会えばいいんです。
すでに確度が高い相手と会うので成功率も当然高いですし
高確率で理想の相手に出会えます。

また、自己分析をして自分が勝てる条件を見極めるとより良いのですが
それはまた別の機会に更新します。

※更新しました。
マーケティング的観点での恋愛戦略

話を戻しますが、あとは会って意気投合すれば
それだけで目的が達成するかと思います。
相手の趣味も性格もわかった状態での初訪なんで
当然受注率も高いはずです。

つまり普通にやってりゃ普通にうまくいくのが
マッチングアプリの特徴です。
ただ、慣れれば簡単ですが、
慣れないと変な人に引っかかったりするのかもしれませんね。

記事を書きながら調べ物をしていたら
出会い系サイトに関してananで記事が上がってました。
2年くらい前の記事です。
http://ananweb.jp/column/1mm/42257/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに、出会い系サイトで成功するコツは、毎日でもいいからメッセージを送り続けることなのだそうだ。送るのは結構なのだけど、そもそも読んで一目で定型文とわかるような残念メールを送り続け、婚活がうまくいくと思っているその発想が、恋人ができない原因なのではないだろうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だそうです。
とりあえずメール送るのは新規のテレアポを無差別にやるのと一緒ですね。
今の時代もっと便利で効率的な方法があるのに使わない手はないです。
うまくいかない人は、マーケティングとか戦略の勉強をした方が
いいかもしれません。

今日は以上

小木曽

完全マニュアル作りました!↓

初心者のためのマッチングアプリの始め方|おすすめ攻略法