力がないと何もできない。誰も救えない。

こんばんは。
水曜日のぎっそです。

 

今日もゆる更新です。
さっきまで結婚式の二次会の幹事打ち合わせで飲んでたので
すでにHPが限界です。

 

でも書きます。
書きたいことがあるから。

 

私のモチベーションとして、
自分と関わる人を幸せにしたい、というものがあります。
それは学生の時に持ち始めた価値観で、
一緒にいる人に笑っていて欲しいし、
苦しんでいる人を放って置けないんですね。

 

それは自分が弱いからなおさら思うことで
辛い人や弱い人の気持ちが痛いほど頑張るから
弱者の中の強者として、
体を張って頑張って必要があります。
それが自分のモチベーションにもなっています。

 

そして、大人になるに連れて優しいだけでは
何も変えられないと知っていきます。

 

飲食店でアルバイトをしている時ですら
自分のスキルを高めて行かないと
忙しくてしんどそうな人を救えない。
救えない自分が不甲斐なくて、
悲しかったです。

 

だから社会人になったら、
自分が圧倒的に力をつけて行かないと
誰も救えないと思ってました。

 

実家に住んでいる頃、常に家の机には、
「組織に影響力を与えられるだけの力をつけてチームを助ける」
というスローガンを張っていました。

 

自分がやらないとだめだ、
自分が変えて行かないとよくならない。

そうやって組織のことを自分ごとにして
力をつけていきました。
今思えばその時が一番成長したなと。

 

そして改めて思うことは、
優しいだけでは誰も救えないということ。

 

これは仕事仲間もそうですが、
お客さん似たしても、
スキルや技術がないと幸せにできないです。

 

本当に誰かを救いたければ、
本気で頑張らないとただの綺麗事になります。
どれだけ本気になれるか、
どれだけ人より頑張れるか。

 

そこの覚悟を決めないと。
誰も救えません。

 

 

だから頑張ります。

 

馴れ合いじゃ何も変わりません。
サークルじゃだめなんです。

 

厳しいことを言いますが
しっかりと自分の個としての価値を上げないと
のたれ死ぬと思います。

 

ちゃんと力をつけて、
何があっても大丈夫なように備える。
価値や影響力を高めて置けば
どうとでもなります。

 

だから自分は力をつけます。
人を救うために。
大義名分はしっかりあります。

 

みんながやらなくても俺はやる。
しっかり考えてね。
動くから成功するとは限らないけど
動かないと成功はない。

 

がんばりましょ。

 

力がないと誰も救えないからね。

 

 

今回は以上

 

 

ぎっそ