【完全版】昨年人気だったSEO関連ブログランキング

 

こんにちは、年始早々Googleのことばっかり書きます。
Googleの公式ブログで、

 

2017 年もありがとうございました!ブログのアクセスランキングで振り返る 2017 年
http://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/thanks2017.html

 

って感じの、人気ブログランキングが出てますね。
せっかくなので見てみたいと思います。

 

 

 

1.日本語検索の品質向上にむけて
2.医療や健康に関連する検索結果の改善について
3.モバイル ファースト インデックスに向けて
4.Google 検索における最新の品質向上について
5.HTTPS をランキング シグナルに使用します
6.Google の検索結果からコンテンツを削除するには
7.3/24 開催イベントのお知らせ「オンラインメディアのための Google
8.検索入門&コンテンツ制作のベストプラクティス」
9.Chrome の HTTP 接続におけるセキュリティ強化に向けて
10.HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります
11.良質なサイトを作るためのアドバイス

 

 

本文より抜粋。ランキング順。

 

 

目次

” 1.日本語検索の品質向上にむけて”

やはり、一番人気は日本語検索の品質に関してです。
みなさん気になっているんですね。
内容に関してはこれまでも散々話されてきたことですが
タイトルに惹かれてクリックした人も多いんでしょう。

 

本記事の中でgoogleがこんな事を言っています。

 

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

 

 

たまにずるい事を考えて、検索順位を上げようとする人がいますが
Googleがこれだけはっきりと
「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。」
って言ってるくらいなので、今後はこれまで以上にシビアになっていきそうですね。

 

 

” 2.医療や健康に関連する検索結果の改善について”

こちらも昨年かなり話題になった内容です。
Welqの問題から始まり、医療関連のアルゴリズムは
より一層厳しくなってまいりました。

 

世間的にも注目を集めていたことと
Googleが公式の発信をしたということで
こちらの記事に人気が集まったのかと。

 

昔から医療や健康の命にかかわるコンテンツと
お金にかかわるコンテンツに関してはGoogleも言及してましたが
こうして露骨に発表されるのは珍しいですね。

 

また、公式で下記のようなことも言ってます。
結構大事です。

 

現在、毎日数百万件以上の医療や健康に関する日本語のクエリが Google で検索されています。これを分析してみると、医療の専門用語よりも、一般人が日常会話で使うような平易な言葉で情報を探している場合が大半です。日本のウェブには信頼できる医療・健康に関するコンテンツが多数存在していますが、一般ユーザー向けの情報は比較的限られています。
もし、あなたが医療関係者で、一般のユーザーに向けたウェブでの情報発信に携わる機会がありましたら、コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。内容も分かりづらいかもしれません。

 

 

専門的なサイトになればなるほど
専門用語が飛び交ってしまいます。

 

医療系のサイトに限らず、
たとえば部品メーカー、化学薬品メーカー
素材メーカーなど、BtoBの企業になればなるほど
その傾向が有ります。

 

顕在ユーザーの集客であれば問題ないかもしれませんが
潜在ユーザー、とくに新規顧客の集客を目的としているサイトであれば
そういった専門用語は避けた方が良いです。

 

 

”3.モバイル ファースト インデックスに向けて”

業界の人は知らない人はいないでしょう。モバイルファーストインデックス。
今後PCで検索した時もスマホ目線でのサイト構造やコンテンツ評価がされますよ、といったもの。

 

あえて解説するまでもないですが
PCサイトと同クオリティのコンテンツを重要コンテンツ分全て用意しないと
不利になりますよ、って話です。

 

その中でも個人的に大事だなと思った部分。

 

そこでユーザーにとってさらに価値ある検索結果を提供するために、Google ではモバイル ファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しています。

 

 

本質的にはユーザーファースト、ユーザー体験の品質向上の一環です。
上記をぶらさず考えれば、必然的にやるべきことが見えてきそうですね。

 

 

” 4.Google 検索における最新の品質向上について”

 

思ったより長い記事だったのですが一部抜粋します。

新しい検索品質評価者ガイドライン: 検索に変更を加える場合、「実験」というプロセスが必要になります。このために、Google では、検索結果の品質を評価する人、「評価者」を置いており、彼らは「実験」に対して、フィードバックを返す役割を担っています。「評価者」による評価は、個別ページのランキングを直接決定することはありませんが、Google は、この評価を検索結果の品質を把握するためのデータとして収集し、改善が必要な部分を特定するために利用しています。

 

 

 

ランキングの変更:
検索クエリを受取ると、Googleのシステムは、”コンテンツの新しさ”や、”検索されているクエリがページ内に現れる回数” 等を含む、数百ものシグナルを組み合わせて、そのクエリに対して表示する結果を決定しています。今回、より信頼性の高いページを表示し、低品質のコンテンツのランキングを下げるように、シグナルを再調整しました。

 

 

こんなことやってるんですね。とくに上。

 

 

”5.HTTPS をランキング シグナルに使用します”

よくよく日付を見たらめっちゃ前の記事でした。
こんなに昔から言われてたんですね。

 

ユーザーから見たら通信が保護されていた方が安心ですので
当たり前といえば当たり前ですが
結構うやむやになっている部分かと思います。

 

この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

 

 

 

今後SSL対応は必須になっていきそうですね。

 

ということで、1位から5位を見てまいりました。
完全版なので6位から10位までも一気にいきます。

 

 

 

 

 

前編オンリーはこちら
【前編】GOOGLE公式ブログランキング2017を読んで考えるSEOのこと

 

Google公式ブログランキング2017
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/12/thanks2017.html

 

 

それでは、6位からの内容になりますかね。

6.Google の検索結果からコンテンツを削除するには

 

6位に関しては、もしコンテンツを削除する必要が出てきた時に
どうするべきかを解説しています。
個人的にはあまり経験したことがないですが
載せちゃいけないものを載せたケースなどが
こちらに当たりますね。

 

あらかじめ Google にインデックスさせないための方法としては、
パスワードをかける方法や、

noindex メタタグと robots.txt を使って制御する方法などがあります。

 

また、すでにインデックスされてしまったコンテンツのキャッシュを消す際には
削除のリクエストをすることでできるみたいですね。

 

意外と困っている人がいるのか、
6位と上位に入ってきました。

 

”7.3/24 開催イベントのお知らせ「オンラインメディアのための Google 検索入門&コンテンツ制作のベストプラクティス」”

 

こちらはイベント情報のブログです。
第 1 部では、Google 検索の基本的な話とモバイル対応の最新情報についてお話します。
そして第 2 部では、Google 社外のコンテンツクリエイター、
オンラインメディア運営者の方をお招きし、
ユーザーに支持されるコンテンツの作り方について、
その秘訣とベストプラクティスをお話しいただきます。

 

 

なるほど確かに面白そうな内容ですね・・・
しかも無料。すぐに定員に達したんじゃないでしょうか。

 

8位と9位はもういいでしょう。
みんなHTTPSは気になってるみたいですね。
やった方がいいです。以上。

 

10.良質なサイトを作るためのアドバイス

 

一見すごい良さそうなタイトルの記事ですね。
・・・と思って投稿日をみたら2012年でした。
でもそれだけ根本のところは変わってないってことですかね。

 

ちょうどパンダアップデートの後くらいです。

もちろん、Google が実際にアルゴリズムで使用しているランキング シグナルは公開できません。
検索結果が操作されるような事態を防ぐためです。
代わりに以下の項目をご覧頂くことで、
Google がこの件をどうとらえているのか、
ご理解頂けるのではないかと思います。

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
・コンテンツはきちんと品質管理されているか?
・この記事は物事の両面をとらえているか?
・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
・コンテンツが外注などにより量産されている
・多くのサイトにコンテンツが分散されている
・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

 

 

 

このころからセキュリティやコンテンツの信頼性に関しては
言及されていました。

 

Googleの掲げる10の真実として
下記の10項目が以前までHP上に挙げられていました。

 

・ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
・1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
・遅いより速いほうがいい。
・ウェブ上の民主主義は機能します。
・情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
・悪事を働かなくてもお金は稼げる。
・世の中にはまだまだ情報があふれている。
・情報のニーズはすべての国境を越える。
・スーツがなくても真剣に仕事はできる。
・「すばらしい」では足りない。

 

 

 

ここに全てが集約されている気がします。
ユーザーのことを真剣に考えればおのずと答えは出てきますし。
何年経っても本質は変わらないですね。

 

今日は以上

 

ぎっそ