ものが十分にある時代だから、経験の価値にお金を払う

 

 

おはようございます。
おぎそです。

 

昨日は箕輪書店の梱包・発送作業を手伝っていました。
まさに梱包2.0って感じでしたね。

 

 

 

読書という荒野とデジタルネイチャーを
あえてアナログ梱包しておりました。
余白しかないですね。

 

ちなみにですが
とても楽しかったです。

 

これを多分お金をもらって、
例えば時給800円とかでやるとなると
結構めんどくさいと思うんですよね。

 

無料だから良いって部分があると思うんですよ。
だって無料だったら純粋にやりたいからやるじゃないですか。
一体感を持って何かをやりたいという、
純粋な衝動と感情って感じです。

 

もしかしたら人付き合いで、
ってのもあるかもしれないですが
みの編に限ってそういうタイプの人はあまりいないと思うので
だからみんな楽しんでるんだと思います。

 

純粋に「やりたいから」。
一番最強のモチベーションです。

 

 

 

こういう方々が箕輪編集室を引っ張ってるだなと。
自分も最近はなんとか本業も生産性をあげて
こっちに時間を突っ込めるように頑張ってます。

 

正直普通にサラリーマンやって、
生活に必要なお金を稼いでって、
20代の間に達成できてしまうと思うんですよ。

 

自分も幸い、今そこまで生活には困ってないですし、
ロボアドバイザーとかで積立投資したりiDeco入ったり。
それでも現金も余ったりしてます。
だからオンラインサロンとか自己投資に突っ込む。

 

物欲もあまりないので
どっちかっていうと経験にお金を払いたいタイプです。

 

だからこそオンラインサロンが
合っているんだと思います。
本業じゃ経験できないことが
いろいろ経験できる上に、
自分の力になっていくので。

 

また、昨日箕輪さんの記事を読んでいて共感したのが
ワークとかライフとかないんですよね。
境目がないほうが本当にストレスフリー。
(とはいえ本業で締めるところはちゃんと締めてますし
”仕事的な”仕事はしっかりやってます。)

 

 

 

だからこれからも、
自分がやりたいことをどんどんやっていきます。

 

幸い自分はこれまで、
やりたいことと本業が重なっていたところもあり
楽しくやってこれましたが、
その分他のことをやりにくい立場にもなってきたので
うまくサロンを使って楽しくやっていこうと思います。

 

そんな感じですかね。
最近早起きが続いているおぎそでした。

 

 

 

おぎそ