根拠のない自信とチームを守る力

 

こんばんは。
ぎっそです。
今日は余裕があるから連投するぜ。

 

 

4月ですね。
この時期になると自分が入社した頃のことを思い出します。

 

当時意識高い系真っ盛りだった私が
入社前に机に貼っていた言葉が2つありまして
今でもはっきりと覚えてます。

 

①根拠のない自身、それを裏付ける努力

②チームを変えられるくらいの影響力をつけてチームを守る

 

こんなものを机に貼っているあたり
意識が高すぎて引きますね。
意識の高さはバベルの塔なので
高すぎると天罰が下ると思っているのですが
今回はその話は割愛します。

 

 

先ほどの言葉、
社会人になりたての頃に書いていただけあって
印象にも強く残っているのですが
実際に大切なことだと思っています。

 

まずは根拠のない自信は
行動を起こしたり、
努力をしていく上で重要です。

 

自分を信じると書いて自信ですが
自分で自分を信じなければ、
頑張ることはできません。

 

自分はできる、
自分はやれると思えば
常に前向きに進むことができます。

 

なのでまずは根拠がなくても自信を持つ
そうすれば努力ができるので
結果が後からついてきて
さらに自信もついきます。

 

②チームを変えられるくらいの影響力をつけてチームを守る
に関しましても、
やはりある程度の力をつけないと
チームを守ることはできません。

 

自分もはじめは落ちこぼれで
凡人未満の人間でしたが
先ほどの根拠のない自信と
それを裏付ける努力によって
そこそこの地位まで上がってきました。

 

やはり社内でも意見を言えますし
自分を頼ってくれる人も増えて来たので
何かあったときにチームを守ることができます。

 

 

そして、
チームを守るために必要な要素として
見落とされがちなのが、
これからの業界の未来のこと
日本の未来のことを考えて行くことです。

 

チームを持つということは
チームのメンバーの未来を担うことになります。
日本のサラリーマンってそういうものです。

 

仮にずっと自分の部下じゃなくても
自分のチームで働いたキャリアや
そこで培った力、考え方を
人生の役に立ててもらうことが
本当の意味で自分の部下を守ることなんじゃないかと思います。

 

 

だから自分もまだまだ勉強して行きますし、
できるだけみんなには、
やりがいを持って仕事をしたり、
自分の価値を高めるような仕事を振っていきたいです。

 

 

①根拠のない自身、それを裏付ける努力

②チームを変えられるくらいの影響力をつけてチームを守る

 

 

もし、これから社会人になる方、
リーダーになっていきたい方は
心がけてみてください。

 

いいことありますよ。

 

 

今回は以上

 

 

ぎっそ