IT企業マネージャーが5年間の社会人生活を振り返って若手に伝えたいこと

 

おはようございます。
日曜日のぎっそです。

 

早いもので、社会人生活も丸5年が経ちました。
長かったような短かったようなと言いたいところですが・・・
正直かなり長かった気がします。

 

今ではマネージャーをやっていましたが
入社直後のしんどかった時代は
自分がマネージャーなんて考えられませんでした。
(むしろ2年目に入る頃も考えられなかった)

 

でも今はマネージャーとして
部下も増やしながら仕事ができています。
うむ、我ながら成長しておる。

 

ということで今日は
この5年間を通じて感じたことを
まだ1〜3年目のあなたに、伝えていきたいと思います。

 

目次

とにかくがむしゃらにやれば数字はあが・・・らない

これです。本当にこれ。
新卒時代はずっとテレアポやって訪問してたのですが
全然数字が上がらなかった。

 

他の同期が休みに息抜きしている間も
リストを作ったりテレアポの本を読んだりしていたけど
まっったく数字つく気配がしなかったんです。

 

正直自分の売っている商材は単価も高く、
月に1〜3本を売れるかどうかで
達成が決まるような商材なのですが
売れる人と売れない人の差が1〜3本なので
100か0かの世界。

 

なので売れない人はずっと売れない。
なんで売れないのかすらわからない。
行動量×質。たくさんテレアポもしてる。
ロープレも。録音したテープの完コピも。

 

でも売れない。

 

2年目に売れるようになって思ったのが
人間は理屈だけでは買わないということ。
しっかり人間関係を築いて、
こいつから買いたいと思ってもらう。

 

そのためには、相手にどのような印象を与えるか
どういう切り口で自分を好きになってもらうかを考える。

 

そして相手のことを好きになる。
自分のことを好いてくれることを
悪く思う人はほとんどいません。

 

ロジックと量だけではなく
改めて人にものを売るということを
考える必要があります。

 

自分がそこがわかるのに1年半以上かかってしまいました。
とてももったいない時間を過ごしましたが
だからこそできない人の気持ちも痛いほどわかります。

 

一概に無駄な時間でもなかったと思っています。

 

 

前に進んでいない・・・ようで進んでいる

自分の行動が成長に繋がっているか、
不安になる人もいると思います。
自分もそうでした。

 

休みの日に勉強をしたり、
提案書を作ったりしていて
でも数字が全然上がらない時、
本当に自分は成長しているのかがわかりませんでした。

 

ところがある時、
点と点が繋がった瞬間に、
今まで積み上げてきたものが
すべて光を放ちました。

 

そしてみるみるうちに仕事の成果につながり
自信をつけ、また成果につながる。

 

いいサイクルを生み出すことができました。

 

ただし、注意点としては
目的を持つことを、常に考えて行動することだけは
意識をしていった方がよいです。

 

黙々と作業をするような努力は
決して成長にはつながりません。

 

自分はなんのために働き
なんのために行動するのかを
しっかり考えながら動いて生きましょう。

 

 

朝の心配事が実際に起こることは・・・あまりない

というより、さっさと片付けましょう。
人間が憂鬱になるのは夜〜朝が多いです。

 

そして大抵がまだ起こってもいない不安です

 

時間は有限、特に夜や朝などの
仕事ではない自分の時間に
不安なことを考えて
時間を浪費するなんてもったいないです。

 

結局なんとかなるんですから
まずは不安にならない。
そして行動で不安を打ち消す。

 

とはいえ、トラブルが起きそうなのに放置するとか
そういうことではありません。

 

なにか起こっても大丈夫なように
万全な体制にしておくとか、
大丈夫だという自信をつけておくことは大前提です。

 

心を健全な状態に保つ努力はしていきましょう。

 

 

社会人は常に学ぶ・・・人がめちゃくちゃ少ない

社会人、特に現代の社会人は
常に新しいことを学び、
アップデートして行かないと
置いていかれます。

 

なのに社会人になると
学び続ける人がかなり少ないことがわかります。

それを見て自分も学ばなくて良いと考えるか
それともチャンスだと考え学び続けるのか
どちらも自由なのですが
普通に考えればどちらが良いかわかりますよね。

 

学校の勉強とは訳がちがいます。
別に教科が決まっている訳でもありません。

 

好きなことを好きなだけ学んで突き詰めれば
何かしらの役には立ちます。
物事の本質は常に似通っていたりするので。

 

そして勉強しない人は
はじめてもいないので
何をやれば良いのか、
自分が何が好きなのかすらわかっておらず
何も始めずに時間を浪費していきます。

 

別にそれが悪いとか、
やめるべきだとかは言いませんが
自分はそっち派ではないので違和感を感じます。

 

個人的な意見、
全く個人的な意見をいうと
勉強しないとダメなんですけどね。
仕事をする以上。

 

でないと価値がないです。
あなたに仕事を依頼する価値が。

 

何も特徴のない人間よりは
機械の方がよっぽど良い仕事をしてくれるので
そういった人間は必要なくなります。

 

AIによって仕事がなくなると煽られてますが
自分は必ずしもそうは思っておらず、
仕事がない人への需要が生まれたり
機械を使いこなせばむしろ短い時間で
稼ぎ出すことができるようになります。

 

 

でも機械の使い方を学ばないと
結局は実現が難しい話です。
使い方というのは、操作方法といった
簡単なものではなく、
機械を通して実現できることや
人にとっての価値や欲求などです。

 

人間とは何か、
そこを突き詰めていくことで
自然と人間にしかできないことも
見えてくるような気がします。

 

自分の強みは意外なところに・・・ない

語弊がありそうな見出しをつけてしまったので
補足をします。

きっと自分は誰にも負けない強みがあるはずだと
信じているあなた。

 

確かにそうかもしれませんが、
社会に出た段階ではそれが
仕事のスキルまで昇華できていません。
だからなんとしてでも自分の強みを
仕事のスキルに結びつけてください。

 

自分の強みが全く発揮できていないとか
自分はこんなことをやるために社会人になったわけでは・・
と思うかもしれませんが
とりあえずある程度結果出してから考えましょう。

 

本当に強みがあるならそこを生かして、
何かしらの成果は出せるはずです。

 

 

もっとも培うべきは仕事力・・・ではない

仕事の成果は考え方×スキル×やるきです。
京セラの稲盛さんの言葉ですね。

 

そしてこの中でもっとも大切なのがスキル。

 

 

 

 

ではなく考え方です。
仮にスキルややる気があっても、
考え方がマイナスであれば
マイナスの成果を生んでしまいます。

 

培うべきは能力ではなく考え方。
考え方がしっかりしていればお客さんも信頼してくれますし
部下もついてくると思っています。

 

そしてしっかりとした考え方を持っていれば
やる気もスキルもついてくるはずです。

 

まずは考え方、人間性をしっかり身につけましょう。

 

まとめ

少々長くなりましたがここらでまとめたいと思います。
社会人の早い段階で大切なこととしては

 

・素直に学び続ける
・考え方を身につける

 

そして

 

 

・やりたいことを見つける
・やりたいことをすぐやる癖をつける

 

 

だと思います。
私は後ろの2つがなかなかできておらず
最近になってようやく動き始めましたが
絶対早めにやった方がいいです。

 

どうしても1つの会社で
閉鎖的な空間にいると
視野も狭くなってしまいます。

 

なので落ち込んだ時はとことん落ち込みますし
成果が出ると自分が一番だと思ってしまい、
成長が止まってしまいます。

 

どんどんどんどん動いていきましょう。
そうすればいろんなものが
後からついてきます。

 

入社直後は
自分がマネージャーをやっていて
成果を出している姿など想像もつきませんでした。

 

ですがやれるもんです。
自分を信じて動き続けてください。
そして考え続けてください。

 

そして楽しみ続けましょう。

 

 

こんな感じで締めます。
良い5年間でした。

 

あしたからまた新しい期なので
頑張っていきます。

 

 

今回は以上

 

 

ぎっそ