AI時代に働くということ

 

こんちは。
ぎっそです。

 

 

昨日書けなかったので
今日はハイペースで書くどー!書くどー!

 

今回は、最近AIの本を何冊か読んだので
その上で感じた働くことに関して
書いていきます。

 


まず世の中的におけるAIへの注目に関して。


AIの時代の仕事のことや、
今後機械に奪われる仕事に関しての記事が
年々多くなってきています。
あなたも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

正直なところを申し上げると、
作業的な部分の仕事は、
どんどん機械にとって変わっていって欲しいです。
その代わりに人間にしかできない仕事を
もっともっと人間がやって行くべきです。

 

そして、自分は消える職業ランキングに入っていないから大丈夫とか
自分の職業は10年後に消えてしまう、
転職しようか、どうしようか。。。

 

 

などと短絡的に考える人が
結構多いのではないかと思っている。
今日この頃です。

 

 

ですが
いつの時代にもなくなる仕事は存在しますし
仕事ベースで考えるのではなく、
スキルベースで考える癖が必要です。

 

例えば売る能力や、
マーケット感覚が鋭ければ、
別に仕事がなくなってもなんでも売れます。

テクノロジーへの理解と
時代との適応ができれば、
それなりにお金を儲けることは
できると思います。

 

むしろテクノロジーは発達していくので
生きるために必要な労働は減っていきます。
そうなると、仕事に関しても
生きがいややりがいをしっかりと持つ必要があります。

 

あなたの仕事がなくなるかどうか以前に
仕事というものの人生における立ち位置が
抜本的に変わっていきます。

 

だから、変えるべきは仕事ではなく、
あなたの人生における仕事の役割と
仕事へのマインドセットです。

 

人は生理欲求、安全欲求と進んでいき
最終的には自己実現欲求に到達します。

 

欲求が人生の充実度や実感幸福度につながりやすいので
良い人生だと感じるためには
日々の活動を通した自己実現が重要なファクターになります。

 

 

そういうことをベースに考えると、
10年後に消えるランキングを見たところで
そもそも焦るポイントが全く別の部分になります。

 

 

今の職業でいいのか?という疑問から、
今の働き方でいいのか、
今の仕事内容で自分は満足なのか?

 

そういう判断軸を持つべきです。

 

ちなみに私は今の会社を大きくしつつも、
次のステップに進むために、
マルチにいろいろやっていこうと思っています。

 

お金というよりも今のメンバーで
しばらくは頑張りたいのと、
他にもいろいろとやってみたいことがあるので
ハイブリットな生活になっています。

 

当然タイミングが来たら今の会社をやめる可能性はありますし、
興味があることにはどんどんチャレンジしていきます。

 

AIの時代だからこそ、
仕事が機械に奪われる時代だからこそ
自分が世の中にたいしてどんな影響を与えて行きたいのか軸に
働いて行きます。

 

あなたも是非、
働くことに対して
考えてみてください。

 

 

それでは

 

ぎっそ