Googleスターターガイドをゆるく、本当にゆるく内容説明

 

※本記事は定期的にアップデートしています。

 

こんにちは。ぎっそです。
世の中は正月真っ盛りですね。

 

 

そんなの関係ねえな私、
今日はgoogleのスターターガイドを簡単にまとめます。

 

googleスターターガイド
https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

 

やるって言ったんでね。さっそくやります。

Googleを制するものは集客を制す。

 

 

 

 

 

目次

1.はじめに

まず、下記のようなことが書いて有ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インデックス – Google は認識したすべてのウェブページを「インデックス」に格納します。各ページのインデックス エントリにはそのページのコンテンツと場所(URL)が記述されています。「インデックスに登録する」とは、Google があるページを取得し、そのページを読み込んで、インデックスに追加することを指します。例文: 「今日、私のサイトの一部のページが Google のインデックスに登録されました。」
クロール – 新しいウェブページや更新されたウェブページを検出するプロセスのことです。Google はリンクをたどる、サイトマップを読み込むなど、さまざまな手段で URL を検出します。Google はウェブをクロールして新しいページを検出し、(該当する場合は)そのページをインデックスに登録します。
クローラ – ウェブのページをクロール(取得)して、そのページをインデックスに登録する、自動化されたソフトウェアです。
Googlebot – Google クローラの一般的な名称です。Googlebot は常時ウェブをクロールしています。
SEO – 検索エンジン最適化: サイトを検索エンジン向けに改善するプロセスのことです。また、このプロセスを仕事として担当する人の肩書きとしても使われます。例文: 「当社のウェブでの認知度を高めるために新しい SEO 担当者を採用しました。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2.Google がコンテンツを見つけられるようにする

これは簡単です。
しっかりサイトマップを作ってgoogleに送信しましょう。
Googleから正しくサイトを理解してもらえなければ
SEOもへったくれもありません。

 

3.クロール対象外のページを Google に指示する

クロールとインデックスの際に
不必要なサイトは評価から外すようにした方がいいケースがあります。
そういった場合はrobots.txt を使って望まないクロールをブロックしましょう。

 

4.Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする

googleは検索エンジンにサイトを表示するために
クロールとインデックスを行っています。
クロールとは、googleがサイトを巡回して
どんなサイトなのかを理解する行為です。

 

インデックスとは、googleが巡回後に
検索エンジンにどういったサイトかを登録をすることを言います。

 

なので、SEOの大前提として
googleからサイトを正しく認識してもらい
登録を促すことが必要になります。

 

そのために
①ページタイトルを正しくつけたり
②サイト構造を整えたり
③各種マークアップを行ったり
④テキストリンクをうまく使ったり
するわけです。

 

5.Google 検索結果での表示を管理する

ページに正しい構造化データがあると、検索結果のさまざまな特殊機能(レビューの星、視覚的にデコレートされた検索結果など)の対象となります。
ページが対象となる可能性のある検索結果の種類については、こちらのギャラリーをご覧ください28。

とのことです。

 

6.サイトの階層を整理する

サイト改装を整理した上で、
しっかりナビゲーションをつけましょう。
とくにパンくずや有益な404ページを表示するようにしましょう。

 

7.コンテンツを最適化する

ここ大事です。
・興味深く有益なサイトにする
・読者が求めているものを把握して提供する

 

とくにここ。結局はここ。
ユーザーが知りたい情報を
わかりやすい文章で作ってあげることが重要です。
そうすれば結果はあとからついてきます。
テクニカルなSEOよりよっぽど大切です。

 

トピックを明確にしたり
新鮮な独自コンテンツを作ってあげることが必要で
検索ではなくユーザーに合わせて
コンテンツを最適化することを意識してください。

 

8.画像を最適化する

しっかりaltの設定をする、
そしてサイズを最適化する。
ユーザーからしたら重い画像は嫌ですよね?
なのでしっかり最適化しましょう。

 

9.サイトをモバイル フレンドリーにする

これはそのまんまです。
モバイル対応しましょう。
2018年3月末より徐々に
MFI(モバイルファーストインデックス)が進んでます。

 

モバイル対応は大前提となりつつありますので
しっかりと対策しましょう。

ちなみに下記からモバイルフレンドリーテストが実験できます。

 

10.ウェブサイトを宣伝する

googleの収益は広告なんで
使ってくださいという売り込みです。

 

というのは冗談で、
せっかく良質なコンテンツなら
たくさんの人にできる限り届けられた方がいいですよね?
SNSとか近いトピックのサイトとかで
プロモーションしましょうって話です。

 

11.検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する

サーチコンソール使えって話です。

 

できることはこんな感じです。
・Googlebot がクロールできなかったサイトの部分を確認する
・サイトマップをテスト、送信する
・robots.txt ファイルを分析、生成する
・すでに Googlebot にクロールされた URL を削除する
・使用するドメインを指定する
・タイトルや description メタタグに関する問題を特定する
・サイトへのアクセスに使用された上位の検索クエリを把握する
・Googlebot からのページの見え方を確認する
・品質に関するガイドラインへの違反の通知を受け取る、サイトの再審査をリクエストする

 

 

12.付録: このガイドで参照したリンクの URL

このガイドでは以下の URL を参照しています。
って感じでいっぱいリンクが貼ってあるのですが
スパムみたいになるんでここでの紹介はやめときます。
興味がある方はGoogleスターターガイドのページから
直接見に行ってください。

 

 

 

という事で
こんなところですかね、ざっくりは。
細かいところは内容読んでください。
これはダメ、これはいいって感じのことが書いて有ります。

 

最後に、やった方がいいことだけ
一覧で出しちゃいます。
そういうの欲しいんでしょう?

 

スパムになったら消すんでそれまで。
参考にしてください。

 

【やった方がいいと書いてある情報】
・機密情報の場合: より安全な方法を使用する
・ページのコンテンツについて正確に記述する
・各ページに固有のタイトルを付ける
・簡潔でわかりやすいタイトルを使用する
・(description メタタグ)でページの内容を正確に要約する
・概要を書く場合を想像する(description メタタグ)
・ページ全体で控えめに見出しを使用する
・構造化データ テストツールを使ってマークアップを確認する
・データ ハイライターを使用する
・マークアップしたページの効果を追跡する
・「パンくずリスト」を使用する
・ユーザーにとってシンプルなナビゲーション ページを作成する
・わかりやすい階層を作成する
・ユーザー向けにナビゲーション ページを用意し、検索エンジン向けにサイトマップを作成する
・有益な 404 ページを表示する
・コンテンツの情報を伝えるわかりやすい URL
・URL で単語を使用する
・シンプルなディレクトリ構造を作成する
・ドキュメントに到達する URL のバージョンを 1 つにする
・興味深く有益なサイトにする
・読者が求めているものを把握して提供する
・読みやすいテキストを記述する
・トピックを明快に整理する
・新鮮な独自のコンテンツを作成する
・検索ではなくユーザーに合わせてコンテンツを最適化する
・効果的なリンクテキストを記述する
・(リンクテキストは)わかりやすいテキストを選ぶ
・(リンクテキストは)簡潔なテキストを記述する
・見つけやすいリンクの書式を設定する
・内部リンクのアンカー テキストについても検討する
・「nofollow」でコメントスパムを防ぐ
・コメント列や掲示板に「nofollow」を自動的に追加する
・「alt」属性を使用する
・簡潔でわかりやすいファイル名と alt テキストを使用する
・画像をリンクとして使用する場合は alt テキストを設定する
・検索エンジンが画像を見つけやすくする
・標準の画像形式を使用する
・サイトをモバイル フレンドリーにする
・モバイル戦略を選択する
→レスポンシブ ウェブ デザイン(推奨)
→動的な配信
→別々の URL
・正確にインデックス登録されるようにモバイルサイトを設定する
・ソーシャル メディア サイトについて理解する
・サイトの関連コミュニティのユーザーにアプローチする
・検索のパフォーマンスを分析する
・サイトでのユーザーの行動を分析する

 

 

これらを、やれと。
これらをやれとスターターガイドでは言ってます。
今日は簡単にまとめました。

これさえ押さえれば最低限の
SEO対策にはなるかと思いますので
皆様試してみてください。

 

あくまで大事なのはユーザーファースト。
誰に何をどのように届けるか。
ユーザー目線かつGoogle目線でで考えましょうね。

 

 

ぜひ参考にしてください。

 

今日は以上。

 

ぎっそ