平均ではなく高い次元の普通を目指す

 

こんばんは。
木曜日のぎっそです。

 

こんな時間まで飲んでいたのですが、
若干頭も冴えてきたので
書きたいと思います。

 

本日は普通と平均の違いに関して。

 

過去にも普通というテーマで
記事を書きましたが
今日はまた深掘りしていきたいと思います。

 

普通の人間について

超普通の人間がキャリアアップをするために

 

 

というのも、
世の中の大多数の人間が、
普通の人間だと思っています。

 

 

天才でもなく、
落ちこぼれでもなく
普通の人間です。

 

 

ですが、厳密にいうと、
普通の基準には個人差があります。

 

 

なので自分が普通かどうかに関しては
完全に主観であり、
自分の意識としての普通と
周りから見た普通は違ってくるのです。

 

 

いわゆる周りから見た普通というのは
平均という意味です。

 

ですが自分にとっての普通というのは、
あくまで自分の中での常識というか
価値観に依存するため、
個人差が出てきます。

 

 

何が言いたいのかと言いますと、
普通の基準を平均におくべきではなく、
自分の中での、本当の意味の普通を
追いかけることが重要です。

 

そしてその普通の基準を
自分の中であげられるかどうかで
自分の成長度合いも変わってきます。

 

 

なので、平均を求めるのではなく、
自分の普通を追求しましょう。
そして、普通のレベルをどんどん上げていってください。

 

 

その普通レベルが、
あなたの市場価値となるわけです。

 

 

普通に仕事をすることは当たり前です。
ですが自身のキャリアアップを考えた時には、
自分の普通をどれだけ引き上げることができるか
意識してみてください。

 

 

短いですが今回は以上

 

 

ぎっそ