SEOと更新頻度が無関係な理由

 

こんばんは。
華の金曜日ぎっそです。

 

本日始めてGINZA SIXに寄ったのですが、
蔦屋がめちゃめちゃかっこよくてテンション上がりました。

 

近所にあったら通ってしまいそうですが、
近所にできるわけがないので近くに行ったら寄りたいと思います。

 

はい、本日ですが、
ブログの投稿頻度とSEOのことを書きたいと思います。

 

というのも下記の記事を見かけたので

 

コンテンツの投稿頻度は、ランキングシグナルではない

 

Googleのランキングシグナルに、
更新頻度は関係ないですよと。

 

たくさん更新した方が、
常に新鮮な情報が発信されているということで、
Googleから高い評価を受けやすい。

 

 

こんな感じの嘘っぱちを語る
SEO業者も時々おりますが、
更新たくさんしたから順位が上がるわけではありません。

 

たくさん更新するなら、
1つの記事をブラッシュアップしてください。

 

ただし、大量更新も場合に寄っては必要です。
でもそれはランキング目的ではなく、
あくまでユーザーの満足度をあげるためです。

 

特にサイトを立ち上げたばかりの頃には、
コンテンツが足りずにユーザーの期待に答えられない恐れがあります。
ランキング以前の話になってしまいます。
なので大量更新というより基礎構築の段階ですね。

 

そしてユーザーの満足を上げていけば、
アクセスは勝手に集まっていくので。
ランキングのことを考える前にユーザーのことを考えましょう。

 

 

また、更新が多すぎると
新しい情報がどんどん流れて行ってしまうリスクもあります。
バランスが大事です。
これもユーザーのことを考えてください。

 

 

結局は、
コンテンツの更新は更新頻度を最大化するのではなく、
最適化していくことが重要ですね。
最適量を投稿して行きましょう。
定期更新は読者の習慣を生み出すので、
ランキングシグナル以外のメリットはたくさんあります。
やはりユーザーのことを考えてください。

 

結局はユーザーのことを考えれば答えが出ます。
大量更新してユーザーの満足が上がるわけがありません。

 

でも、しっかりユーザー目線でコンテンツを作っていけば
恩恵を受けることができるので、
信じて進みましょう。

 

 

華に金曜日に真面目な投稿でした。

 

 

今回は以上

 

 

ぎっそ