オキナワーズからみる動画コンテンツの体験デザイン

 

こんばんは。
水曜日のぎっそです。

 

みなさんめんそーれ。
私事ですが、もしかしたら6月頃に沖縄に行く可能性が出てまいりまして、
私は沖縄情報収集真っ盛りになります。

 

僕がうまれたーこの島の空をー
僕はどれくらいー知っているだろうー

 

そんな中で見つけた下記のサイトが、
とってもとてもとってもよかったので
紹介しちゃいます。めんそーれ

 

 

その名もオキナワーズ
http://www.okinahours.com/

運営会社はANAです。
さすがお金持っているだけあって、
いいコンテンツ揃えてます。

 

具体的にどんなところが良いのか。
結論からいうと動画コンテンツを駆使して、
現地のワクワク感を有効的に紹介してます。

めっちゃええやんと思うポイントをいくつか紹介します。

 

目次

メインビジュアルが3Dパノラマ

 

まずスマホで開いたらすごい!
3Dパノラマになっていて、
スマホを動かすと景色も一緒に動きます。

 

ぜひPCで見ている人もスマホで開き直してみてください。

 

基本全てのコンテンツに動画が

全体的にブログのようなコンテンツが多いのですが、
ほぼ全てのコンテンツに動画がついています。

今流行りの動画マーケティングを駆使して、
できる限り現地にいるワクワク感を、
視覚的にも聴覚的にも感じてもらえるような、
コンテンツを構築しております。

 

そして定番のスポットだけではなく、
現地にいる人々の温もりが伝わってくるような、
人情味のあるコンテンツを多数揃えているところが、
このWEBサイトのいいところです。

 

旅行どころか、思わず住みたくなってしまう。
そのようなWEBサイトに仕上がっております。

 

動画を使った体験デザイン

こういったコンテンツは画像とテキストでは表現が難しく、
かなりマンネリ化してきている部分もあったので、
ほぼ全てのコンテンツに動画を設置してあることが、
とても新鮮で、良い体験デザインになっていると思います。

 

実際に体感すること以上の感動は難しいかもしれませんが、
できる限りリアルに近い体験をしてもらい、
沖縄に行きたいという欲求をかきたてられることが、
このWEBサイトの良いところです。

 

島に住みたくて、住みたくての私としては、
こういった島の様子を動画で体験することにより、
どんどんニーズが温まってしまいには済んでしまうという、
ナーチャリング効果も発揮してくれそうですね。

 

ちなみに島に住むにはまだまだスキルが足りないので、
下記の記事に書いたようなスキルをつけて、
島暮らしをもぎ取ります。

島暮らしに憧れて リモートワークのスキルまとめ

 

真面目な話をすると、動画コンテンツは流行ってはいますが、
体験デザインをしっかり行わなければ
単発の施策として終わってしまい、
効果が薄れてしまいます。

 

せっかく行うのであれば、
ネット〜リアルを全て含めて、
しっかりと体験をデザインする施策設計を、
行う必要があります。

 

ターゲットはだれで、
どんな気持ちの変化を起こすために、
どこで何を使った訴求をいつするのか、
まず考えるのはそこからです。

 

その中で自分にバッチリはまったのが
オキナワーズでした。

http://www.okinahours.com/

 

観光(島)と動画コンテンツは相性抜群ですね。

 

とはいえ現地に勝るものはないと思いますので、
沖縄を楽しみに頑張ります。

 

今回は以上

 

 

ぎっそ